人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

適正手続を貫く意義!

弁護士の目からすれば実に興味深い判決が出ている。

神奈川県の東名高速で2017年6月、あおり運転で停車させられた家族が死傷した事故をめぐり、危険運転致死傷などの罪に問われた判決で、東京高裁(朝山芳史裁判長)は12月6日、懲役18年とした一審判決を破棄し、審理を横浜地裁に差し戻した。
一審に続いて危険運転致死傷罪は成立すると認めたが、一審の公判前整理手続きに違法があったと判断したという。
判決は、被害者が停車せざるを得なくなったのは被告人のあおり運転によるもので、停車から2分後に追突してきた大型トラックの運転手の過失も大きくないと指摘し、「あおり運転」と追突事故との因果関係は認めたという。

注目すべきは次の点である。
即ち、一方で、一審の裁判官が公判前整理手続きの段階で「同罪の成立は認められない」と表明した点の違法性を検討し、裁判員のいない場でこうした見解を示したことは「裁判員法に違反する越権行為」で、これによって一審の弁護人は「同罪が成立しない」との前提に立ち、公判で十分な防御ができなかった可能性が高く、裁判員も含めた審理で見解を変え、判決で危険運転罪を認めたのは「不意打ち」だとした。

そして、手続きの違法が量刑の判断などに影響を与えた可能性があるとして、裁判員裁判をやり直すべきだと結論づけた。

いやあ適正手続きを貫いた点は実に素晴らしい。

公判前整理手続きは、裁判員がいないところでの手続きであり、そこでは、あくまで争点と証拠の整理をするだけであり、そこで実体的な判断はしてはいけない。
そうでないと裁判員裁判の趣旨は没却する。

その意味で、手続き的正義を貫いて、差し戻したのは素晴らしい。

しかし、と疑問に思うのである。

ならば、この手続き違反だけで差し戻せば良いのであり、何も、わざわざ「あおり運転」と追突事故との因果関係を認める必要はない。
この判断は実質的には差し戻しの裁判員裁判に影響を及ぼしかねず、自ら批判した一審判決と似たり寄ったりではないかと思うのである。

まあ、「不意打ち」を批判したのであって、ここまで言えば弁護側には「不意打ち」にならないだろうから、一審判決とは違う、と言うのだろうが…。
.


# by kazuo_okawa | 2019-12-07 10:00 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
本年5月にいわゆるパワハラ防止法が成立した。

職場のパワハラは以前から問題でありパワハラ相談も多い分野であった。
パワハラに対しては、判例で救済してきたもののいわゆる不法行為などの一般法の理屈の中で救済してきた。

今般、法律でパワハラを違法とした意義は非常に大きい。

パワハラは、職場で行われる①優越的な関係を背景に②業務上必要かつ相当な範囲を超えて③就業環境が害されると定義されるが、実はここでも、ではどういう場合に「優越的な関係」と言えるの?など個別具体的な判断は難しい。

そこで厚労省は、指針を作ることにして、その素案を発表している。
しかしながらその素案は、使用者側が「パワハラではない」とよく言う弁解も盛り込まれ、使用者にお墨付きを与えるのではないかとの危惧がある。

現在、パブコメ募集中であるが、批判をよせることが重要だろう。

ところで、このパワハラ防止法の影響もあるのだろう、今年、すでにパワハラで、4回講演依頼があった。

偶然であろうが、2回同じような質問を受けた。

それは「パワハラの立証のために、こっそりとICレコーダーで録音してもよいのでしょうか?」というものである。

無論、秘密録音して構わない。
原則としてプライバシー保護の為に秘密録音は許されないが、パワハラ被害の証拠保全のためには許される。
まあ言ってみれば被害者ですからね。

質問がありましたので補足しておきます。
パワハラ被害に苦しむ皆さん、どうぞその立証のためにICレコーダーで録音してください。
.

# by kazuo_okawa | 2019-12-06 22:12 | 法律相談・法律の話題から | Trackback | Comments(0)

山本太郎氏の魅力

れいわが始まる 山本太郎全国ツアー
【第七弾・近畿】のスケジュールの一環として、
12月5日(木) 大阪午後6時「街頭記者会見」が
大阪・JR大阪駅御堂筋北口前 (ヨドバシ梅田前)で行われた。

メディアが予め報道したわけではない。
SNS上の連絡だけが頼りである。

にもかかわらずJR大阪駅は人でいっぱいである。
しかも寒すぎる。
寒い中を、山本太郎氏がその熱い演説で人を引きつけるのであるから見事としか言いようがない。

― 消費税廃止、奨学金はチャラ、少子化対策、国債発行という松尾理論をもとにした景気浮揚策などなどれいわの政策を訴える。
水道民営化など売国政策を竹中平蔵と絡めて分かりやすく批判する。…

9時まで熱弁をふるった後、聴衆の一人一人とツーショット写真を撮るのであるが、この長蛇の列にも驚かされる。

さてその後、ようやく山本太郎氏と話が出来る。
このブログでも紹介してきた障害者選挙権を闘う中田泰博氏がれいわ舩後靖彦議員を通じて、この機会を作ってもらったものだ。

中田氏が資料を渡して協力を求めた後、私が、平成25年改正によりそれまでヘルパーの代筆でて出来た投票がこの改正により秘密投票権が奪われた経過と裁判を説明させていただいた。

山本氏は寒い中、車椅子の中田氏と同じ目線の高さとなるようにかがんで話を聞き、私が説明しているときもアイコンタクトの上、随所に言葉をはさむ。

短時間であったが、山本太郎氏、実に魅力的な人である。
.


# by kazuo_okawa | 2019-12-05 23:56 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

日能研の帽子パズル!

阪急電車に、お馴染み日能研の「シカクいアタマをマルくする」が出ていた。

中学入試問題からシカクい頭を柔軟にする問題を紹介するのであるが、現在は、
四天王寺中学の2019年入試問題が紹介され、つぎのようなものである。

【6人の子どもがお互いの顔が見えるように座ってします。
赤い帽子を1つ、青い帽子を1つ、黒い帽子を5つ準備して、それら7つの帽子を6人に見せた後、1人1つずつ頭の上にかぶせました。
6人には、それぞれ自分の帽子は見えませんが、残り5人の帽子は見えます。
6人には残った1つの帽子の色は知らされていません、
6人に自分の帽子の色が分かるか聞いたところ、6人が同時に「分かりません」と答えました。
問 この答えを聞いた6人のうち「自分の帽子の色がわかりました」と答える人は何人いますか。】

なかなか面白い。
伝統的な帽子パズルの応用編である。

この系統のパズルの面白いのは、「分かりません」という答え自身が、実は新たな情報となるということで、ここがこの種パズルの醍醐味である。

そしてこの四天王寺中の入試問題自体は、難しくない。

もしも赤帽子、青帽子を最初にかぶっているものがいれば、それを目にした者は自分の帽子は黒帽子と分かるはずだが、そうではなかった。
とすれば…。

というわけで、まあ、慣れていればほとんどノータイムだろうが、逆に、このパズルを知らなければ、時間がかかることも違いない。

とはいえ、算数パズル好きの小学生でパズル本に接していたら、このパズルは馴染みだろう。

四天王寺中はこういう算数パズル少年を合格させたいと考えていると言うことが分かる。
潔くて気持ち良い。
.

# by kazuo_okawa | 2019-12-04 21:37 | パズル・統計・数学 | Trackback | Comments(0)

時代・立場が異なれば…

龍谷大学法学部で講義を持たせて頂いて24年になる。

当初は「刑事司法の実際」という講義、それを発展的に広げて今は「裁判と人権」という年15回の講義である。

お陰で龍谷大学の先生方とは親しくさせて頂いている。

さて京都新聞ニュースによれば、
龍谷大法情報研究会が「法教育フェスタ」として公開講義を開いたという。

親しくさせてもらっている龍谷大学石塚伸一教授の
「法律の視点で見る桃太郎の読み解き」が実に面白い。

- 山でしば刈りをしたおじいさんは森林法違反、川で洗濯したおばあさんは水質汚濁防止法違反、鬼を退治し財宝を奪った桃太郎は強盗殺人の罪に問われる可能性がある -

「主権が及ばない外国の敵には何をしてもよいとの考えから桃太郎は処罰されなかった」と語られたという。

さすがに石塚教授、面白い説明である。

それにしても、立場が変われば見方が変わるという「法教育」は、
<「あんな人」と対峙して、自分たちのお仲間のことばかり考える人>や
<隣国の立場を考えすに頭から嫌って批判する人>などにこそ是非聞いてほしいものである。
.

# by kazuo_okawa | 2019-12-03 17:38 | 法律相談・法律の話題から | Trackback | Comments(0)
ジャパンライフという詐欺グループに騙された人の相談にのったことがある。
老後の財産を騙し取るものでひどい事件である。

儲け話に騙される方が悪いと言ってしまえば身も蓋もないが、詐欺グループは、信じさせるための仕掛けを、幾つも、いくつも用意しているのである。

私の相談者は別の仕掛けに騙されたが「安倍首相の桜を見る会に招待された」という仕掛けで騙されたものもいるだろう。

ニュースによれば、政府・与党は29日に2915年の「桜を見る会」に招待されたジャパンライフ元会長は安倍首相らによる推薦枠だったことを事実上認めたという。
ジャパンライフ元会長はこの参加を最大限利用した。

招待客について安倍首相の知らないところで招待された、との言い訳は通じないだろう。
これもニュースによれば、安保法に反対した石田純一氏が外されたというのであるから、選定基準は安倍首相の意向をくんでいることは違いない。

結果的には、安倍首相らは詐欺に加担したわけだ。
とはいえ安倍首相らには詐欺被害者のことなど眼中にないのだろう。
未だに謝罪はない。

本日の国会答弁でも、安倍首相は、何故総理等枠で招待されたのかまともに答えず、ジャパンライフ元会長と直接会っていないとか妻は面識はないとか、筋違いの答弁に終始している。

とにかく嘘を突き通せばそのうち国民は忘れるという、モリかけ隠しと同じである。

そもそも国民の税金を使う「桜を見る会」の招待者の要件が、国に貢献したものなのか、安倍首相に貢献したものなのか不明のままだが、いずれにせよ、ジャパンライフ元会長は真意を伏せて参加し、それを利用した。

考えてみれば、ローマ教皇来日に際し、教皇の思想・発言とは全く反するのに、うわべだけ「パートナー」と述べて、真意を伏せてローマ教皇とのツーショット写真を掲げる安倍官邸と同じ感性とも言えるだろう。

だから招待されたのか!?


# by kazuo_okawa | 2019-12-02 22:46 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

中曽根康弘氏の潔さ!

「戦後政治の総決算」を掲げ、国鉄の民営化や日米安全保障体制の強化などに取り組んだ、中曽根康弘元総理大臣が29日に死亡したという。

死亡者に対して悪く書かないのが日本の美徳であろうが、派遣労働者の導入その他力ずくの規制緩和や民営化、そして国家を軽くしながらも軍事力には力を入れる。
さしずめ今日の格差社会の実現、軍事力強化の走りだとも言える。

中曽根氏は1985年8月15日には、戦後の総理大臣として初めて、靖国神社に公式参拝した。
我々は直ちに靖国公式参拝違憲訴訟を提起したが、こういった国内の動きよりも、中国などから海外の強い批判を受け、それ以降は参拝を見送っている。

その我々の訴訟自体は「(公式参拝は)違憲の疑い」という画期的な大阪高裁判決を得て終了した。

中曽根氏は、自らの野望の実現のためには「風見鶏」になる人物であったが、憲法改正その他自らの政策や信条は隠すことなくストレートに発言した。

ある意味、正直で潔い。

中曽根氏は、軍事力強化について「日本列島を不沈空母にする」という比喩を使って説明した。
集団的自衛権の議論の時に安倍首相が行った、国民を騙す為のインチキな比喩とは大違いである。

また中曽根氏は、靖国神社に首相として参拝する意義を「国が奉ること無くして誰が国のために命を落とすか」と述べて、国家の為に命を捧げることに報いる意義をストレートに発言した。
だからこそ、中曽根氏は正々堂々と、首相として、つまり「公人」として靖国神社に参拝すると公言して、そして実行した。

ひるがえって安倍首相は、卑怯にも靖国参拝は「(公人ではなく)私人としての参拝」と言い切っている。

内閣総理大臣の肩書きを使い、税金の使った公用車に乗ってきながら、あくまで「私人」とごまかすのである。

あれだけ昭恵夫人のために税金を使いながら「昭恵夫人は私人である」というまるで漫画としか言いようのない閣議決定を思い出す。

安倍首相は実際は、憲法改正や「アメリカの為に日本の若者も血を流せ」という信念を強く持ちながら、その様なことは全く伏せて、「9条改正しても何も変わらない」と平然と嘘を言っている。

私は、中曽根氏が行ってきたことに対してはとうてい賛成出来ないが、それでも、安倍首相の数々の嘘を見るにつけ、中曽根氏は潔かった、と思うのである。
.

# by kazuo_okawa | 2019-12-01 00:17 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)