私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

<   2016年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

佐藤天彦新名人誕生!

いつの時代でも若き王者が誕生する瞬間というのは見ていて実に感動的なものだ。

将棋界の7大タイトルの内、なんといっても名人位は歴史と伝統がある特別のタイトルである。
その名人戦で20代の若き挑戦者佐藤天彦八段が、その強さを発揮して名人位を奪取した。
A級に上がっていきなり挑戦者となり、そしていきなりの名人位奪取である。
しかも、将棋界のスーパースター絶対王者羽生名人に勝利してのものであり、実に素晴らしい。

本シリーズは、羽生の先勝のあと佐藤天彦が4連勝し4勝1敗で名人となったが、すべての鍵は第二局だろう。
羽生が「最後の詰み筋を見逃した」という一局である。
つまり羽生が勝ちを逃したわけである。
この第二局を羽生が制して、二連勝していれば、シリーズの流れは違っていただろう。

この第二局の最終盤はむつかしい局面でそう簡単に詰みを読めないという指摘は正しい。
しかし、あのような局面になれば、最後は必ず羽生が勝ったものである。
にもかかわらず、相手のミスを誘って逆転するという言わば羽生のお株を奪う勝ち方を佐藤天彦がしたことが本シリーズを象徴していると言えるだろう。

佐藤天彦は実に強い。
なるべくしてなった素晴らしい新名人である。

A級一年目で挑戦者になり、そしていきなり名人位を奪取したのは、過去に谷川(第17世名人)、羽生(第19世名人)のわずか二人しかない。
佐藤天彦の凄さがこれでもわかるだろう。

記者会見も聞いていて気持ち良い。
<目の前の一局、一局を闘ってきた>
<逃げる、逃げないという感覚は僕にはない>
<一つ一つ積み重ねていくこと>
…。
どんな質問にもきちんと答える佐藤天彦の姿勢に打たれる。

実にすがすがしい新名人誕生である。

【6月1日追記】
本日の朝日、毎日の朝刊はいずれも一面中段に、28歳佐藤が新名人との見出しで昨日の興奮がよみがえる。1994年からの歴代名人一覧表をみると、97年谷川以外は全て羽生世代が名人であった。羽生世代の強さは改めていうまでもないが、その羽生世代を打ち破ったところに大きな意義がある。記事を読んでいると名人になった若さの順でも、谷川、羽生、中原についで第4位である。上位3人はいずれも永世名人。佐藤天彦への期待が大きくふくらむ。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-31 20:49 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
録画しておいた標記の番組を見る。

将棋や囲碁のコンピューターソフトに見られるが如く人工知能の発展はめざましい。
番組は、羽生善治とともに何故に人工知能がここまで発展したのかという現在とその将来を探るというものである。

囲碁の世界チャンピオンを4勝1敗で倒したコンーピューターソフト・アルファ碁の開発者デミス・ハサビスは「人間の脳は一つの物理的システムである」という。
そして人間の脳の働きに着想を得て人間ならではの「直感」や「想像性」を実現しようとしている。
それは、膨大な数の囲碁のパターンを見せてそこから「勝ちパターン」を見つけることに成功する。これが「直感」である。
今度は、アルファ碁同士を闘わせることによって学習能力を上げる。これは「創造性」であるという。

このコンピューターソフトの発展過程のみならず、医療その他の分野への汎用も面白いが、何より驚いたのは、羽生の行動力である。

羽生名人が現在将棋界の4冠王でありもっとも多忙な棋士であろう。
その羽生が対局や将棋の仕事の合間を縫って、なんと、デミス・ハサビスに会いに行きインタビューし、(いや会ってインタビューする前にこの二人の天才はチェスを楽しんでいる)、更にはオッスフォード大学、タック大学、ソフトバンクと次々訪れているのである。

もう何というか、その好奇心と行動力にはただただ驚愕する。

叡王になればコンピュータソフトと闘う叡王戦に羽生は今期初めてエントリーした。

おそらく羽生は何か思うところああってコンピューターソフトと闘ってみようと決意したに違いない。
この決断には驚くと共に心から拍手を送りたい。

我々将棋ファンは、羽生という類い希なる大天才にしてスーパースターと同時代に生きて、その凄すぎる戦いを目の当たりにしているのである。
何という素晴らしいことか。

【5月30日追記】
羽生名人が1勝3敗で迎える名人戦第5局が本日始まった。
負ければ名人位を失うという重要な対局に、羽生は、またしても挑戦者佐藤天彦八段の得意戦法横歩取りを選択した。
さすが羽生、としか言いようがない。
明日は最高のパフォーマンスを見せてくれるに違いない。




.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-29 22:29 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
昨年は多くの市民・労働者の反対を押し切り派遣法改悪が強行された。
今年も7月10日に行われるであろう参議院選挙の後、自民党が与党となれば
解雇金銭解決制度、残業代ゼロ法案の導入が一気に動きすことが間違いない。
にもかかわらず安倍首相は参議院選挙の争点からはずしている。

まあ、こういう手法は、安保法に見られる如くあまりにも恥ずかしい手法でありながら、安倍首相は何度も使ってきた

そこで、関西の法律家8団体による共催で、緊急集会を以下の通り開催します。
要するに、参議院選挙の争点にあがっていないが、騙されてはいけない、と言うことである。

私も最後に挨拶する予定ですので是非ご参集下さい。

<STOP!安倍政権雇用破壊
解雇規制と労働時間規制を守れ!>

日程:6月6日(月)6時半~(開場6時)
場所:エルおおさか2階ホール エルシアター
参加費:無料(会場カンパをお願いします)
基調講演:川口美貴関西大学教授
「安倍内閣の雇用戦略の問題点と課題」
野党国会議員の挨拶、情勢報告、現場からの声など

【6月7日追記】
昨日は実に多くの方に集まって頂き有り難うございました。
私の最後の挨拶にも反応よく応じて頂き喜んでいます。
本日の隠れテーマを是非広めてください。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-28 19:57 | 労働 | Trackback | Comments(0)
親しくさせて頂いている東京共同法律事務所・宮里邦雄弁護士が、このたび表題の著を発行された。

労働者の労働条件の維持・向上のために労働組合は欠かせないが、使用者がその反組合活動をしたときにそれを守るのが労働者・労働組合のための不当労働行為制度である。

残念なことに最近はあまりこの制度は利用されていない。
宮里弁護士は、この不当労働行為制度の利用が減少していることは、労働組合活動が停滞していることであると残念に思い、今こそ労働組合の出番であるとして書かれた(正確には大幅改訂)のが本書である。

大変分かりやすく、かつ、実践的である。
皆さんにお勧めする次第である。




.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-28 01:28 | 労働 | Trackback | Comments(0)

名人戦、羽生3連敗!

最強王者羽生名人に、若き挑戦者佐藤天彦八段が挑戦する今期名人戦7番勝負。
羽生先勝の後、挑戦者天彦の3連勝である。

強い!
第一局こそ羽生が制したが、第二局敗局のあと、羽生は第三局、第四局はいずれも「横歩取り」ながら、先後手入れ替えて連敗!
いわゆる往復ビンタである。

本局を見ていても、佐藤天彦の85手目55角切りから、97手目93飛成りと、大駒を続けて叩ききるのが、素人ながら見ていて実に面白い。
もっとも、糸谷八段はその間の、95手目63歩が鋭手だ、と言うのであるから、将棋は深い。
それはともかく魅力的な将棋をさすことが次代の覇者を思わせれる。

こうい大一番は解説の妙が名局を引き立たせるが、現に、ニコ生の解説者森下卓九段は、「佐藤八段は強い」と何度、連呼したことか!

永年、「名人」は羽生とその世代が守ってきた。
ついに、若き世代にうつるのか!

いやあ、将棋ファンにとってまさしく歴史の変わり目であり、その衝撃は実に大きい。






.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-26 23:47 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

沖縄事件と田中角栄!

日経新聞を読んでいれば、最近、田中角栄本の広告がやたら繰り返し出ている。
書店に行っても、田中角栄本が山と積まれている。

田中角栄といえば「日本列島改造論」を掲げ、強烈なリーダーシップで日本の高度経済成長を促進し、また、外交面でも日中国交正常化にこぎつけ、その後、ロッキード事件で失脚するが、その後にも大きな影響力を持ち続けたなどと言われている自民党政治家である。

書店に数多く立ち並ぶのは田中角栄本が売れるからだろう。
では何故売れるかと言えば、一般には、日本人たちが本当のリーダーを渇望しているからではないか、と言われている。
確かにまあ、安倍・麻生を「本当のリーダー」と思っているものは殆どいないだろう。

とはいえ、田中角栄を絶賛するのも問題である。

彼は間違いなく金権政治を進めた人物であり、彼の時代には実現しなかったが「カクマンダー」と呼ばれた(諸悪の根源)小選挙区制を実現しようとした男である。
この大きなマイナス面はきちんと批判しなければならない。

一方、プラス面は、日中国交回復を実現させたこととアメリカとの対等外交を実現しようとしたことだろう。
(だからこそ彼はアメリカに潰された!)

田中角栄を持ち上げるなら、このプラス面、即ちアメリカとの対等外交の実現にこそ着目すべきである。

TPP参加その他、アメリカに無批判で従属しながら、一方で田名角栄の表面的な部分だけ持ち上げるようなら、田中角栄のある種の精神にもとると言っても良い。
考えても見てほしい。
日本のリーダーというのは、日本のために、日本に住む市民の為に、日本を率いるのが「日本のリーダー」だろう。
にもかかわらず、日本よりもアメリカの利益を優先し、専らアメリカに従属しているようでは、真に日本のリーダーとは言えまい。

またしても起こった米軍属によるといわれる犯罪、即ち、沖縄県うるま市の女性殺人事件は極めて悲惨でひどい事件だが、これに端を発し近く県民大会が開かれる。

そして本日アメリカ・オバマ大統領が来日する。
安倍首相は単に、形だけ抗議するというパフォーマンスを繰り出すだけに終始するだろう。

今こそ、必要なのは、真にアメリカとの対等外交を目指すリーダーである。

その本質を抜きにした単なるリーダー待望論は論外である上、危険ですらある。

【追記】
沖縄事件について
共同記者会見をみれば、安倍首相は、非公開の会談の席上で「抗議した」と伝えている。
しかしオバマ大統領の哀悼の気持ちと捜査への協力の言はあっても
アメリカとしての公式の謝罪と具体的再発防止策はない。
あまりにも予想通り進行しているのが、あまりにも悲しすぎる。




.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-25 00:49 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
飯島氏は私が趣味のクラブとして属しているシャーロック・ホームズ・クラブ関西支部の会員でもある作家である。
飯島氏とは面識もある。

1月に『消えたろくろっ首』を出したのに続いて、双葉文庫5月の新刊として、前作と同じ「室町小町謎解き帖」シリーズの第2作『呪われた恋文』を発行された。

事務所で、仕事の合間に読み始めたが、結局、一気に読み終えた。

アームチュア・デティクティブの主人公を「引きこもりの美女」としたいう設定がよく考えられている。
アームチュア・デティクティブの場合、その必然性が難しいのだが、すんなりと入る。

そしてお付きのお虎。
ホームズ・ワトスン・コンビならぬお雪・お虎コンビである。

また、論理性にこだわりすぎるエラリー・クイーン・タッチなら、伏線・手掛かりがいるだろう思われるかも知れないが、ミステリは「論理パズル」ではない。
作者はシャーロッキアン、物語重視で大変面白い。
 
また十返舎一九その他実在の人物をちりばめる手法も、何やら、架空のホームズを実在する人物と交錯させるシャーロッキアーナの手法を思わせる。

お薦めである。 



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-24 22:08 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
パナマ文書で明らかになった「税金のがれ」。
そして東京都舛添要一都知事の公私混同。
いずれも「合法」「ルール内である」と強調されていた。

同じように時期に始まった事件だが、その後の経過は違っている。

舛添知事は本人が幾ら弁明しようとも執拗に追及されて、毎日のようにテレビで報じられている。
この追及は正しい。
しかし、ならば同じように、税金逃れしている日本の企業を実名あげて追及すべきでないのか。

一方で、巨額の税金逃れを「合法」の名のもとに見逃し、それでいながら、消費増税を「合法」の名のもとに強行するというのでは一体誰が納得するのか。

本日、国会で共産党議員が、タックスヘイブン・ケイマン諸島に日本から63兆円流れていることを追及していた。

マスコミも是非、「合法」的に税金逃れをしている企業を追及してほしいものである。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-23 22:47 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
第1期電王戦二番勝負の第2局、山崎隆之叡王対PONANZAは、PONANZAの勝利で終わった。
最強の将棋コンピュータソフトPONANZAの連勝である。

第1期叡王戦を勝ち抜き、叡王の称号を手に入れた山崎隆之叡王もPONANZAに歯が立たなかった。

PONANZAが飛車先交換出来るのをしなかったり、矢倉の77銀をとがめるようにPONANZAが73桂とはねたり、或いは先手55歩の只取りになるのにPONANZAから54歩と突き出すなど、意表の手が続き見ている分には大変面白い。
ニコ生の解説も素晴らしい。

そして山崎の敗局。
何か、意外な感じがしない。
もはや、PONANZAが強いことは明らかと思っているからだろう。

むしろ驚きは、対局終了後の記者会見第二部だろう。

何と来期、羽生名人が参加すると発表されたことだ。
あわせてトーナメントも発表されたが羽生は決勝トーナメントには突き進むだろう。
そしてファンの願いは羽生が(おそらく)PONANZAと闘うことである。

ドワンゴ川上会長の話では、羽生のコンピュータに対する造詣の深さが披瀝された。
羽生はおそらく何か期するところがあるのだろう。

来期叡王戦が俄然楽しみである。

【24日追記】
羽生名人の参戦によって、渡辺明竜王・棋王が参加しないことが逆に大きく注目された。
渡辺のブログには、2日にわたってこのテーマを取り上げているが、おそらく渡辺に多くの問い合わせがあったのだろう。
渡辺は、合理主義者として、竜王戦・棋王戦に最高のパフォーマンスを見せることを優先したに違いない。
それはそれでプロとして正しい。
しかし、羽生が四冠王ながら叡王戦に参戦した姿を見れば、その羽生を追い抜くべき第一人者渡辺の姿勢としては、何か、心に引っかかってしまうのである。



.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-22 22:18 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

笑いと怒り!

21日夕方、仕事を終えた後、事務所の近くのチルコロ(ダイニングバー)に行き桂福丸師の落語を楽しむ。
落語終了後の食事付きなのだが、そこで、「日本笑いの学会」のメンバーの方たちと意気投合する。
知的で、紳士淑女的で、「笑い」に造詣が深いため、楽しい。
大いに笑う。

そのチルコロ寄席へ向かう直前、「国民怒りの声」事務局から電話で要請を受ける。
「国民怒りの声」とは、平然とクーデターを敢行する安倍政権に怒りの異議を突きつける、小林節憲法教授を代表とする立憲主義を守る為の政党である。
私自身、小林節氏を応援している。

その「国民怒りの声」が
5月30日の午後6時半~8時に「国民怒りの声」 関西キックオフ集会を開催することになった。
場所は国際会議場である。
そして私はその司会を引き受けることになった。
皆さん、是非お集まり下さい。

笑いと怒り!
たまたま偶然であるが、怒りと笑いが重なった。

人は大いに笑い、大いに怒るべきである。




.
[PR]
by kazuo_okawa | 2016-05-22 00:22 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)