私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

<   2014年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

表題の「辞書になった男」(文芸春秋社)は大変面白い。
まるでミステリを読むような趣きがある。

発端の謎、中段のサスペンス、そして結末の意外性、
これを十分にみたす本書はまさしく、良質のミステリそのものともいえるであろう。
辞書ファンはもとより、ミステリ・ファンも必見である。

天才・見坊豪紀(ケンボー先生)と鬼才・山田忠雄(山田先生)は、いずれも、(普通は複数で作る)辞書を一人で作ったという偉業をなしている。
(昔の辞書には常に名前の出ていた金田一京助先生は、単に名前を貸していただけという)

ケンボー先生は、その語釈は、短文・客観的だが、現代に寄り添う観点から現代語を積極的に取り入れる。その姿勢が、例文145万例集めるという神業を成し遂げている。
一方、山田先生は、従来の辞書の弱点とも言える「言い換え」や「堂々巡り」の語釈をやめると心がける。それがユニークな語釈を生み、赤瀬川原平の「新解さんの謎」で話題となったように、実際に大変面白い語釈がならぶ。

このようにこの二人は辞書界にそびえ立つ二大巨匠であるが、もとは親しい間柄でありながら、ある時から決別する。このテーマにNHKが取り組み、「二人の編纂者の友情と決別」というノンフィクションをテレビ放映したのである。
私はそれを見たのだが(正確には録画で)大変面白い内容であった。

このように先にテレビを見たため、本書をなかなか読まなかったのであるが
とある機会に「三国」(ケンボー先生著)と「新明解」(山田先生著)の語釈の違いを知って、ふと気が変わって本書を買って、読んだのである。

いやあ、実に面白い。
先にテレビを見ていても面白い。

この二人は、いずれも一人で辞書を作ったように、辞書に対する思いと実行は共通である。
それぞれの斬新な語釈が冒頭にあげられるのであるが、それゆえ一挙に引きつけられる。
しかしそれでいながら、辞書に対する、考えの違いから二人は「決別」する。

とはいえ、その二人の「決別の理由」が、本書の謎であり、それを
それぞれの辞書の、語釈を手がかりに、解き明かすのが実に素晴らしい。
まさしくミステリタッチである。

つまり随所随所にそれぞれの語釈の例文があり、その例文が何とも「意味深」なのである。

例えば、本書、冒頭に出てくる「新明解」(山田先生)の「時点」の例文が「謎」である。
山田先生は「新明解」で次の例文をあげる。
「一月九日の時点では、その事実は判明していなかった」
実はこの「一月九日」が二人にとって重要な意味を持つ日なのであるが、物語の興味をそぐので、以下省略する。

まあ、本当に、それぞれの書の「例文」が謎を解く「鍵」となっており、そしてそれを説き起こしていくのが大変面白い。

本書は、間違いなく、お薦めの一作である。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-30 22:03 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)
6月27日にエル大阪で表題の集会が開かれた。
メインの講演は高作正博関西大学教授であり、
先般、大阪弁護士会でもお招きした気鋭の憲法学者である。
その講演内容は分かりやすく、監視社会の恐ろしい現実が知らされる。

法律の不存在のままに「監視カメラ」が張り巡らされている。
それは、プライバシー権の侵害でありながら、守るべき裁判所が
その権利侵害を正当化する「判例」が出されている。
そして、「国家の敵」に対する監視が強化されているという恐ろしさが述べられる。

その上で、高作教授は、プライバシー権を「救出」しなければならない、という。

その「救出」のために高作教授は、幾つか挙げるがその一つは
強制処分を再定義し、「プライバシー」の社会的価値との接合、である。
「強制処分」の再定義とは、、今日、監視カメラで監視することは、強制処分でない(任意処分ゆえ自由に出来る)、とされているが、果たしてそれで良いのか、という指摘である。
プライバシーの社会的価値とは、集会に参加するもののプライバシーが侵害されたのでは自由に集会に参加出来ない、その為、その意味でのプライバシーも守らねばならない。
しかしこの種のプライバシーはこれまで軽視されてきたが、今や、このプライバシーの社会的価値の側面を重視しなければならないというものである。

高作教授の指摘は実にもっともである。

監視社会の裏腹の問題が特定秘密保護法である。

真に、民主主義国家なら、主権者たる市民の情報・プライバシーは守られ
逆に、行政の情報は市民のチェックを受けなければならない。
ところが、安倍首相の目指す戦争国家は、全く逆である。
市民を監視し、政府・行政は秘密を持つ。
こんな国家を許していいのだろうか。

この日の集会で、服部良一元議員は、監視社会の危険性と連動させて、安倍首相の目指す集団的自衛権に反対した。

安倍首相の目指す、戦争国家、監視国家に断固反対する。

【以下、服部良一氏から回ってきた、拡散希望のメールです】

服部です。
集団的自衛権の閣議決定が7月1日に強行される可能性が高まってきました。
7月1日(火)朝7時半;与党協議で最終合意~その後、自公両党の党内手続き~17時半;閣議招集・決定へ
の流れで進められそうです。反対の声をあげて行きましょう!

6月30日(月)17時~19時 自民党大阪府連前で抗議行動(天満橋交差点を南に3分)
7月1日(火)17時~19時 自民党大阪府連前で抗議行動 
国会前・全国でも行動が行われます。拡散お願いします!
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-29 18:57 | 情報・プライバシー | Trackback | Comments(0)
松本博文「ルポ電王戦」(NHK出版新書)は出色の一冊である。
将棋のコンピュータソフトの歴史、対プロ棋士との歴史をまとめた著であるが
知らないことが多く大変興味深いものがあった。

コンピュータソフトは、計算力が強みであるから
当然、初期のソフトは深く読む。
しかし、「狭く深く」読むソフトが、「広く浅く」読むソフトに負けるようになり、
やがて棋士(人間)のように、読みの対象を切り捨てていくというソフトにしていくというソフトの発展が大変面白い。
やがて、コンピュータソフトがトップ棋士を負かす時がくるだろうが
棋士(人間)の「発想」をモデルにしている間は
あたかも、「計算力」を電卓で補うような感じで「共存」出来るのかも知れない。
豊島将之七段がコンピュータソフトYSSとタッグを組んで指したときなどは
「共存」している感じがしたものである。

本書は、本年3月に行われた第3回「電王戦」までルポしており
そのときの興奮さめやらぬ激闘も思い出される。

そう思って読んでいると、6月27日、株式会社ドワンゴと日本将棋連盟は
何と、「将棋電王戦リベンジマッチ 激闘23時間 菅井竜也五段 vs 習甦」を開催すると
発表した。
この対局は、今年3月に行われた「第3回将棋電王戦」の第1局において、
コンピュータ将棋ソフト「習甦」と対戦して敗れた菅井五段が、
リベンジをかけて再び「習甦」に挑む雪辱戦である。
電王戦は持ち時間各5時間で行われたが、今回は、
同日より2日間かけて、持ち時間各8時間の「夜通し対局」にて行われる、という。

ソフトを一度実戦で経験しており、更に検討しうる上、
持ち時間が長くなったということは、菅井に有利と言えようが
一方、リベンジというプレッシャーと「夜通し」による疲労という不利もあり
どっちが勝つのか、何とも言えない。

その意味で大変興味深い一局であり、今から大いに楽しみである。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-28 22:24 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
ニュースによれば、
政府の有識者会議「パーソナルデータに関する検討会」は6月19日に、
購買履歴や移動情報など個人の行動に関する情報(パーソナルデータ)の取り扱いに関する新制度の大綱をまとめた、という。

核心は、個人に結びつかないよう情報を匿名化したデータについては
「本人の同意なしに提供できる」とする指針を掲げているというところにある。

この検討会については、議事要旨がネット上公開されるので
その議事を読んでから感想を述べようと思っていたが、
なかなか議事部分は公開されないのでニュースの限りで感想を述べる。

検討会の方向性は大変問題が大きい。

個人識別性を喪失させるというのであるが
果たしてそれが復元されないのか疑問である上
個人識別性を失わせとしても、個人の「情報」である以上プライバシー権侵害の
問題は生じうるだろう。

にもかかわらず、本人の「同意」抜きで情報提供して良いのか大いに疑問が残る。

そもそも、この検討会の方向性は、
大阪駅前顔認証システム実験の推進者と発想は同じである。
推進者は、個人識別性を失わせればその情報提供が可能としてきた。
しかし、大阪駅前顔認証システム実験は、そもそも顔認証という
個人の最たる情報を勝手に取得して良いのか、という根本的な問題がある。

無論、勝手に、情報取得してはいけない。
その一番原理的なところから問題にしなければならない。
検討会でどんな議論がされているのか大変興味深い。
個人識別性を失わせるとしても
そういうプライバシー情報を取得するとき
対象者の同意を得ているのかどうか
またそもそもそういう取得時点での議論をしているのか
議事要旨を早く公開してほしいものである。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-26 23:35 | 情報・プライバシー | Trackback | Comments(0)
本日の朝日新聞朝刊を見ると
「集団的自衛権 大筋で合意」
「公明、条件修正を評価」と出ている。

公明が評価しようと何だろうと
集団的自衛権を決して認めてはいけない。
戦争する国家にしてはいけない。
私達の子や孫を戦場に送る国家にしてはならない。

私のブログで何度も述べてきたが、繰り返し述べる。

本来、公明党のみならず、自民党支持者も
集団的自衛権を認めないという考えの支持者が多いはずだ。
何故なら、自民党の歴代政権は集団的自衛権は認めず
長年その自民党を支持してきたのである。
そうであれば、支持者が国会議員を突き上げていないとおかしい。

そう思っていたところ、本日の朝日新聞によれば
「支持者懸念 『戦場へ子送る時代再び』」
「説得 悩む自民議員」の見出しのもとに
馳浩衆議院議員が22日、金沢市内の国政報告会で
集団的自衛権を「転ばぬ先の杖」と解説したという記事が出ていた。

「杖を持っているおじいちゃん、おばあちゃんは、杖がなかったら日常生活が出来ない。
同じ杖を私(元プロレスラー)が持ったらどうか。凶器に見えるでしょう」と
「タカ派」に映る政権に対する世論の不安をくみ取って
「何のために集団的自衛権を行使するのか丁寧に説明しなければならない」と
馳氏は訴えたという。
しかし、これ冷静に考えればおかしな比喩ですね。

馳氏は元国語の教師だったという。
それだけに「転ばぬ先の杖」など豊富に色々な「言葉」を知っているに違いない。
そして、言葉を操って、支援者を騙そうとしているのだろう。
しかし、この馳氏の巧妙な「比喩」に決して騙されていけない。

成る程「杖」は必要である。
しかしその「杖」が守っているのは、おじちゃん、おばあちゃん自身である。
つまりこれは、自分自身を守るのですから「個別自衛権」でしょう。
どう考えてもそうですよね。
「集団的自衛権」は同盟国を「自衛」するために武力を使うものです。
従って、馳議員の「比喩」でいうなら、
トモダチのおじちゃんAが、町内の別のおじちゃんBに襲われたとき
Aの要請で、Bのおじちゃんに「杖」で襲いかかることでしょう。

いいんですか、こんなことして。

仮に、馳議員の比喩を使うなら、
今まで、自分を支えてきた「杖」を、
トモダチのおじいちゃんの敵をやっつけるために
その「杖」で殴りかかりましょう。
こういわないとおかしいですよね。

要するに「個別自衛権」と「集団的自衛権」を意図的に混同させている。

無論、まやかしの論理は他にも幾つもあり、
世情、不安を煽っている「北朝鮮有事」も「尖閣有事」も全て「個別自衛権」の問題である。

政治家たる者、へんてこりんな「比喩」を使って、支援者を煙に巻くのではなく
真の意味で、「丁寧に説明しなければならない」


平和主義日本の戦後最大の危機。
大阪弁護士会では下記の通り集会を行います。
過去最高の大結集を目指しています。
是非とも、下記案内を広げて頂き、大多数ご参加下さいますようお願い致します。

【ご案内】
7月6日(日)15:00~16:00
扇町公園]にて、大阪弁護士会主催で
野外集会「平和主義が危ない!秘密保護法廃止!!」を実施いたします。
集会後、引き続くデモ行進も、大阪弁護士会主催で行います。
是非とも、皆さまのご参加をお待ちしております。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-25 22:36 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
著者はNHKから民法テレビ局に移籍したマスコミ人で警視庁記者クラブキャップの経験があるという。

Nシステム、防犯カメラ、画像解析、逆探知など「犯罪ビッグデータ」で犯人を炙り出せというのが、本の帯文句である。

確かに、読んでいて、現代の最前線捜査が述べられていてそれはそれで興味深い。

実際、過去に冤罪を生んできた捜査手法、即ち
被疑者を引っ張ってきて「口を割らせる」という自白中心主義の捜査でなく
科学捜査を中心とすべきであろうことは論をまたない。

その意味で、科学捜査の発展は意義深い。
本書も大変勉強になる。
しかし、何ら罪のない一般市民も含めて「大きな網」をかければ
犯人炙り出しに役立つのは間違いないが、
だがそれは、市民のプライバシー権の侵害という大きな問題をはらんでいる。

また、いわゆるパソコン遠隔操作事件の経緯が詳しく述べられているが
この事件で怖いのは、無辜のものが4人も逮捕され、そして、2人が(虚偽の)「自白」をしていることである。
この「虚偽自白」分析をしないのではアンバランスに欠ける印象を持つ。

また筆者は「防犯カメラ」の増大を肯定的に論じている。
いってみれば「超監視国家」を肯定しているととられてもやむを得まい。
プライバシーへの言及もないではないが、形式的に触れているに過ぎない。

そもそも真にプライバシーに配慮しているなら
1994年大阪地裁西成監視カメラ撤去訴訟判決を避けて通れないはずである。
これは、カメラの監視自体プライバシー権を侵害するとしながら
それが許される要件を設定したものであり
監視カメラ問題を論するときこれに触れないのはややアンフェアである。

著者がマスコミ人であるだけに残念である。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-24 23:20 | 情報・プライバシー | Trackback | Comments(0)

「淡々」から「情熱」へ

録画していた6月22日放映のNHK「サキどり!夢じゃない、人工知能の近未来」
及び「NHK杯戦」を見ていると森下卓九段が共通に出ていて興味深い。

前者は電王戦の取材・報道であり、後者は森下卓九段対広瀬章人八段の一戦である。

森下九段は、「森下システム」をひっさげてA級棋士にもなった一流棋士だが
タイトルを一度も奪取出来ないまま、いつの間にか「終わった感」のある棋士となった。
一方、広瀬八段は元王位であり、今期A級にあがったばかりの気鋭の新八段である。
普通は、勢いある広瀬の勝ちと思えるところであるが、
結果は、森下が矢倉模様から右四間飛車でうまく指して勝った。

聞き手の清水女流六段は、森下九段は座右の銘を「淡々」から、「情熱」に変えたことを
紹介していたが、阿久津八段ともどもその理由はご存じ無かったようである。
確かに手元の2013年将棋年鑑を見れば、森下九段は「淡々」という言葉を三度使っている。
その「淡々」を「情熱」に変えたのは、実は先の電王戦である。
第四局に登場した森下九段は、敗れたものの、その対コンピュータ戦の練習対局を重ねる内に、「情熱」を取り戻したのである。

皮肉なことに、NHK杯戦に先立つ番組「サキどり!」がそのことを紹介していた。

NHK杯戦のこの一局も、
全盛期の森下が復活したように、実に気持ちの良い勝ちっぷりである。

ベテランが復活する。

こういう復活は大変嬉しい。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-23 23:17 | 将棋 | Trackback | Comments(0)

中西智明氏の世界

6月15日にマジシャンYuji村上氏主催の京都イベントに伺った。
この日の特別ゲスト中西智明氏のマジックを見たかったからである。
中西氏は、我が京大ミステリ研出身作家であり、何と言っても
講談社発行のミステリ「消失」を発表して、その一冊だけで消失した作家である。
発表時からも、私は感心していた。
しかも、素晴らしいマジックのクリエータでもあることは
「掌パーム」という専門誌での発表を見ても分かる。

中西氏は、ぜひ一度はお会いしたいマジシャン(ミステリ作家)であったので
この日、京都まで出向いた。

さて当日、中西氏の出番は、ディーラーショー、対談、そしてパフォーマンス。

私は、客席の左方の一列目に座ったため(この位置は、客役として、マジックの手伝いをさせられることがあるので、嫌がる人が多いのか、遅れて行っても空いていることが多い)
予想通りふんだんに「手伝い役」をさせて貰った。
つまり前に出て、マジシャンのカードを選んだり色々とマジックの手伝いをするのである。

村上氏のパフォーマンスも興味深かったが、中西氏は、お目当て通りで感心した。
彼の対談で、創作したマジックが村上氏からの批判を受けグレードアップさせていくというマジックの話は興味深く、ミステリの話も面白かった。

休憩中に、彼の作品を購入し、そして、
「なぜ『消失』以降、作品を発表しないのか、聞かせてほしかったですね」というと
中西氏から、最近作というショートミステリを頂いた。
その作品は、氏の「消失」と古典ミステリを知っていれば、思わずニヤっとさせられる作品であり、彼の才能を思わせる。

そして後半、2つの「キリ」を選択させての予言マジックなど、いずれも彼の作品はトリッキーですが、本人はいたってシャイで礼儀正しいのに感心しました。

さて、村上氏イベントでは「飛び入りマジック」というのもあるらしく
この日も4人参加された。
谷英樹氏のマジックも見せて頂いた。
谷氏の選んだ客(おそらくこの日唯一の『非マニア』)の選択で
「ややこしくてマニアックなカードマジック」を演じられたのだが
谷氏がこのマジックを準備していることが凄い。
しかも予言マジックは好きなので楽しめました。

というわけで、多いに堪能した一日でした。


【以下、いささかマニア向けの雑感です】

先の通りこの日何度と無く、前方のマジシャンのテーブル横まで出させて頂きました。
つまり、舞台に出て、マジシャンの横に座るという位置です。
しかし、この位置だと結構見えるんですね。
マジシャンの「仕掛け」が…。
これって、どうなんでしょうか?

この日の客が「マニア」、
或いは、私が「マニア」だからということなんでしょうか。

また、飛び入りマジシャンが、私を選んで前に出し、私にカードを渡して
「リフルシャッフルして下さい」と言いました。
…うん?!
「リフルシャッフル」普通の人はこの言葉を知っているの?

私はこのとき思ったものです。
マニア向けイベントで、客に対して次のように言ったらどうなるだろうか。
「このカードをフォ-ルスシャッフルして下さい」


.
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-23 01:02 | マジック | Trackback | Comments(0)
戦型は私の予想をはずれて矢倉であった。
森内の十八番であるが、羽生が勝った。
それだけに羽生の強さを否が応でも感じさせる。
内容も大変面白い。

羽生の攻めに、森内の守りという、二人の個性が出ている。
互いに、「角筋」を注意しながらの攻防が私には興味深かった。
とりわけ後半の「王手飛車」を意識するところが、素人目にははらはらする。

ニコ生広瀬八段の解説では、途中、森内が良かったはずだが
いつの間にか、羽生が逆転している。
まさに「羽生マジック」である。
正直、羽生がの強さに感銘を受ける。

合わせて、タイトルマッチを土曜日にしてくれたのがいい。
ニコ生その他でリアルタイムに楽しめるからである。

一方、終局後の両対局者の感想は聞けるのか、という質問に
ニコ生の山口恵梨子女流初段は色々と紹介したあと
一番肝心の産経新聞を最後に付け加えたのであるが、
棋戦のスポンサーを忘れてはいけない。

とはいえリアルタイムにこれほど詳しく報道されると
翌日の新聞報道の役割は何かと考えさせられる。
それは、時間差の長所を生かし、
ニコ生では報道されなかった両者の感想と
勝因・敗因分析であろうか。

考えてみればこの問題は、将棋報道に限らない。
ネット報道と新聞報道の棲み分けという
一般的な問題と共通なのかも知れない。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-22 13:47 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
法廷ミステリで一番ドラマチックなのは何か。

それは誰もが、被告人こそ真犯人、と思っているときに
最後の場面で「大逆転」が生ずるときだろう。
たとえば、法廷に表れた「最終証人」が、その法廷での証人尋問によって
実は、真犯人は「その証人自身」である、ということが暴露されたときである。
これほど劇的なことはない。

この種の法廷ミステリは幾つも発表されている。

しかし、予定調和的に進んでいく日本の刑事裁判下において
このようなことは普通あり得ない。
それゆえに法廷ミステリ作家なら、
これは是非とも取り組んでみたい興味深いテーマであり
且つ誘惑的なテーマなのである。

【以下、ややネタバレしています】

法坂の「最終陳述」はそれを可能にした。
うまいもんである。

本作では次のようなハードルがある。
①誰もが被告人を犯人と思わすためには、被告人自身当初、犯行を認めていた。
②ところが被告人は、それを否認に転ずる。
③そして一旦終結した弁論が再開され、最終証人が選ばれて自白する。

これらのハードルをクリアしていくための「設定」が凄い。

加えて、同業者(弁護士業)として、法的に不自然さを感じさせないのが良い。
ミステリを読んでいて、法的な不自然さを感ずると正直、読む気を失せてしまうことがある。

ところが、本作はそういう不自然さを感じさせないどころか
むしろ、この裁判官、この検察官、そしてこの弁護士
いずれもいそうだなあ、と思わせてしまう。

法的に、アレッと思った場面があったが、それは後の場面で、
「…あれは以前、小説か何かで読んだだけで、正確ではありません。他言は控えて下さい」
と作中人物に言わせている。
「参った」としか言いようがない。

作者は、福岡で弁護士をしているという。
福岡県弁護士会は、日本でも有数の、刑事弁護に熱心な弁護士会である。
おそらく筆者も、刑事弁護に通じていると思われる。

大変面白い作品であったが、それはいつの間にか、
同業者(弁護士)且つ創作者の視点で読み進んでしまったからであろう。

これもまた作者の術中なのか、それは分からない。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-06-21 01:42 | ミステリ | Trackback | Comments(0)