私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

<   2014年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「人間VSコンピューター」の将棋対決である第3回電王戦。
今回の電王戦を盛り上げている演出が、コンピューター側の指し手として
用意されたロボットアームである。

名付けて「電王手(でんおうて)くん」。
自動車部品大手のデンソーが制作、提供した。

第1回、第2回はプロ棋士と奨励会員が「代指し」を務めていたが
今回の演出はまさしく、人間対コンピュータという雰囲気を盛り上げる。
ロボットアームと聞けば冷たいイメージを思い浮かべるが
実際は、このロボットアーム電王手くんは
「可愛らしい」と結構評判なのである。
私もその前評判を聞き、今回じっくりと見た。

第3回電王戦第3局。
天王山とも言える「豊島将之七段対YSS」をはじめから見たが
確かに、対局開始に礼をし、また終局場面で、投了したときも礼をする。
可愛らしいかどうかは別として、その動きには確かに感心した。

対局開始前に、解説の野月浩貴七段が、豊島七段の様子をみて
普段通りに見えますが、どうでしょうか、といったやりとりの後
コンピュータが対戦相手の表情を読むようになれば嫌ですね、
「緊張しているぞ」とか…。
という面白い発言をしていた。

無論、顔認証技術の発展により
コンピュータが人の表情を読み取る技術はかなり進歩している。

とすれば、野月七段が危惧した事もいずれは実現されるだろう。

問題は、そのとき将棋コンピュータソフトが
相手の表情も読み取って、それも考慮して、
次の指し手を考える事が出来るのかどうかである。

可愛らしい、といわれる電王手くんの向こうに見える未来は
全く想像がつかない。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-30 20:44 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
3月29日、第3回電王戦第3局で、豊島将之七段が
将棋コンピューター・ソフト「YSS」に完勝した。

気負った様子もなく、普段通りの姿で、対戦中も表情を変えることなく
そして、それでいて完勝した。
「横歩取り」の戦型で観戦将棋派としては非常に面白く、
将棋ファンとして実に気持ちの良い闘いであった。

敗れたYSS開発者山下氏の態度も大変素晴らしい。
対局中、姿勢を崩さないスタイルや
局後のインタビューでも「豊島七段のお役に立てれば嬉しい」という謙虚な
感想なども感服する。

人間はミスをする。
しかし、コンピュータはミスをしない。

ところが、その構図が今回は全く逆になったのが面白い。

豊島七段にミスはなく、むしろ、YSSにミスが生じたことに驚く。
もっとも、正確にはコンピュータの場合、探索に限度があり
水平線の向こうが見えないようになるという「水平線効果」のよるもので
本来の意味での「ミス」とはいえないのかもしれない。

それにしても思うのは
豊島七段のスター性である。
スターには、自ずと、舞台があてがわれる。

五番勝負で、人間(棋士)が2連敗。
次に人間(棋士)が負ければ団体戦としては敗北という
豊島七段にとっては一番プレッシャーのかかる場面の登場であった。
しかしそれは同時に、一番注目される舞台でもある。
私は常に思うのだが、スターたる者は
何故かこういう舞台に出会うものである。

そして勝ちきるのがスターである。
豊島七段は間違いなく未来のスーパースターであろう。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-29 21:34 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
1966年に静岡県清水市で一家4人を殺害したとして、
1980年に強盗殺人罪などで死刑が確定した元プロボクサー、袴田巌元被告人の
第2次再審請求審で、静岡地裁(村山浩昭裁判長)は3月27日に、
再審開始を認める決定をした。
犯人と結びつけた証拠の衣類などが
最新のDNA鑑定によって、逆に、一致しないことが判明し
それが無罪の決め手となったという。

村山裁判長は、これらの証拠を、捏造の疑いがあると述べ
さらにそれは警察しか出来ないと批判した。
裁判所がここまで言い切るのよほどのことであり
弁護士の感覚としては、それほど捏造の疑いがひどかったのだろうということが伺える。

有罪となった同じ証拠が、逆転無罪の決め手となるということは
足利事件を思い出す。

と同時に、村山裁判長がここまで言い切るくらいひどい捏造なら、
何故に、最初から見破れなかったのかとも思う。

しかも、当時からも、衣服が本当に袴田元被告人のものか疑問があったという。
それだけではない。
有罪の死刑判決を下した過去の静岡地裁は
何と、45通の内、44通の「自白調書」を違法な取調によるものとして
証拠排除を決めながら、ただ1通だけは違法でないとしてその1通を証拠採用し、
怪しげな衣類などとともに、それらを根拠に「死刑判決」を下したのである。

考えてみれば大変恐ろしい。

「自白調書」といっても、一般の人には分からないかもしれない。
警察で取調を受けた後、警察が「調書」を作る。
それは、警察が作るのだが、あたかも、被疑者が書いたように
被疑者の「一人称形式」で作られる。
被疑者の一人称形式の文書なのに、作るのは警察であり、作られた後から
被疑者本人が署名指印をする。
無論、やっていない被疑者が「自白」するはずはないし、
「自白」した調書に書名指印をするはずがない。
にもかかわらず、無辜のものが「自白」し、「自白調書」に書名指印するのは、
警察の、暴力その他違法な取調があるからである。

1通の調書を作るには、それに見合う何時間かの取調がある。
1通の「自白調書」が違法であったということは
それに見合う、長い時間の違法取調があったのである。
そしてこの袴田事件では、
45通中44通の「自白調書」が違法取調であったというのである。
一体全体何時間の違法取調があったのだろうか。
そして驚くべく事に、45通の内、44通について違法取調がある、としながら
わずか1通だけは違法な取調で無かったというのである。

こんな不合理な話を誰が信じられますか。
しかし死刑判決を下した裁判所はそれを信じ、騙されたのである。

冤罪を防ぐために、取調べの全面可視化(全面録画録音)が必要であることを
これほど如実に示した例はないだろう。

今、日弁連が求める取調べの「全面可視化」に対し、警察は頑強に「一部可視化」しか認めない。

つまり、この袴田事件で言えば、警察は、違法を見破れなかったそのときの
取調状況だけの「可視化」しか応じないのである。

しかし、「一部可視化」では冤罪を防げないことを
この袴田事件は物語っている。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-28 23:24 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
「実録・奨励会三段リーグ」との副題がついている。
奨励会とは将棋のプロ養成期間であり
ここを勝ち抜いて四段になって始めて将棋のプロ棋士となる。
奨励会三段リーグとは、まさしくプロ直前のリーグ戦であり、
実は将棋界である意味で一番過酷なリーグ戦なのである。

しかも勝ち抜いて昇段出来るのは、半年間で実は2人しかいない。

しかも年齢制限がある。つまり規定年齢までに四段の昇格をしなければ
自動的に辞めさせられる。

小学生時代天才と呼ばれた彼は、若くして奨励会員となり、
早々に勝ち抜けるかと思えた三段リーグを勝ち抜けることが出来ず
結局退会を余儀なくされた。
そしてその後、舌がん宣告を受け、
命は救われたが、言葉を失った。

これだけを見れば、悲運としか言いようが無い人生だが
読後感は決して悪くない。

渡辺明や阿久津、そして羽生三冠などが出てくることが
将棋ファンとして嬉しく読めるし、佐藤天彦昇段権利放棄事件も
同時代の奨励会員の目から見た驚きが伝わる。

また羽生の強さを、大変な終盤にも冷静、冷徹で「間違えない」という
精神力にあることを記録係として目の当たりにした経験から論じており
大変興味深い。

それにしても作者天野氏の大変な人生ではあるが
読後感が悪くないのは、同氏が
生きることに前向きであるからだろう。
お薦めしたい。

【2015年10月29日追記】
ニュースに寄れば、天野貴元さんはこの10月27日に、東京・八王子市の病院で亡くなったという。
残念であるが、将棋ファンにその存在感を示したことは違いない。
そのユニークな戦法嬉野流とともに多くの人の記憶に刻まれるだろう。合掌。


.
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-28 00:54 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
3月25日の日経新聞夕刊を読んでいたら
滋賀県草津市で「自転車の施錠を義務づける条例」が可決したという記事が目を引いた。
新聞記事によれば、こういう条例は全国初だという。

そらあ、全国初でしょうね。
確かに、行政が、盗難に遭わないように注意を呼びかけたり
そのために自転車の施錠を促すというのは分からないではないが
それを条例で義務づけるというのはいかがなものなのか。

自転車を盗難したものは、窃盗犯として、刑罰を受けるが
一方、民事上の損害賠償義務を被害者に負う。
平たく言えば、窃盗犯は、元の自転車の所有者に被害弁償しなければならない。

ところで民事上の損害賠償は、被害者にも落ち度があれば
その損害賠償額は減らされる。
ほら、交通事故なんかで、被害者にも落度(過失)があったので
その分賠償額から引きますということを聞いたことはありませんか。
(これを「過失相殺」と言います)

私は、この記事を読んだときに、
直感的に「過失相殺」の危険はありはしないか、と思ったものである。

自転車を盗難された被害者が、加害者に損害賠償請求したときに
でも、被害者も、自転車にカギをかけていなかったではないか、
被害者にも落ち度はあるでしょう、その分は、過失相殺として
損害賠償額から引いてください。
こういったことになりはしないかという、懸念である。

思えば、「被害者の人権」の拡大は、「被害者にも落ち度がある」という
誤った考え方からの脱却であった。
「性的被害者にも落ち度がある」「労働者にも落ち度がある」などなど
枚挙にいとまはない。

昨日のブログでも、最高裁判決を引いて
「過失相殺」の濫用に歯止めがなされたことを評価したばかりである。
被害者側に義務を求めることは
その義務違反を「過失」とみなし、「過失相殺」されるおそれがあり、
こういう「過失相殺」は決して許してはならない。

この滋賀県条例は視点が逆行しているように私には思える。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-26 23:57 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
ニュースによれば
東芝の元社員が加重労働でうつ病になったあと解雇されたことから
その解雇無効と損害賠償を求めた事件の最高裁判決が
3月24日に言い渡された。

もっとも、解雇無効自体は、高裁で(無効が)確定しており
最高裁の争点は、高裁が認めた損害賠償額の減額が
許されるかどうかであった。

高裁は、本人が、過去の病歴を会社に通告していなかったことを
本人の過失として、その分、損害賠償額から2割差し引いた。
いわゆる「過失相殺」として、損害額を減額したのである。

ところが、最高裁は「メンタルヘルスは申告がなくとも(会社側に)安全配慮義務がある」として、「過失相殺」の考えを否定した。

大変素晴らしい判決である。
被害者たる労働者に、安易に「過失」を認めるべきではない。

民法上の「過失相殺」の考えは
損害の「公平な分配」という意味でそれなりの意義はあるが
それはあくまで、対等な、市民同士の「公平な分配」であり
労働者その他、社会的に弱者の地位にあるものには
安易に「過失相殺」を認めるべきではないと私は考えている。

最高裁判決はその考えに沿うものであり評価出来る。

本判決の裁判長は「鬼丸かおる」裁判官。
同氏は、労働保険審査会委員をしていたことから
被災労働者に理解が深いのかもしれない。

私の元依頼者からも、早速、このニュースとともに
鬼丸氏に、以前、良い労災決定を得たとの連絡を受けた。

鬼丸裁判官は、弁護士出身の裁判官であり
弁護士出身初の女性最高裁裁判官でもある。

今後も注目される裁判官といえるだろう。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-26 00:30 | 労働 | Trackback | Comments(0)
3月24日の読売新聞によれば
政府の安全保障法制懇談会が4月にまとめる予定の報告書で
集団的自衛権の行使を限定するという。
即ち、「放置すれば日本の安全に重要な影響を与える場合」に限り
その行使を認めるという。

姑息としか言いようがない。

集団的自衛権を認めると言うことは
アメリカが攻撃を受けたとき、その自衛のために
日本も攻撃に加わるということであり、
他国の戦争に参加するということである。

これは我が国の平和憲法に真っ向から反するものである。
公明党や自民党ハト派などからは依然として
集団的自衛権に踏み込むことに慎重派も多い。

今回の限定行使は明らかに、その批判をかわすために
小手先の限定をしたに過ぎない。

生活への影響を抑えるために税率は「3%」と低くします。
といって一旦、消費税という制度を導入したあとは
その税率を徐々に上げていった姑息な手法と同様に
一旦、集団的自衛権の解釈改憲をすれば、その「行使に限定」などは
やがて、なし崩しに拡大されていくことは明らかである。

いやいや、そもそも、行使を限定をしたら許される、というものではない。

いかに行使を限定しようとも、そもそも集団的自衛権自体が
憲法違反であるということは、これまでも繰り返し述べてきた。

また安倍首相や政府が憲法解釈をすること自体がおかしいとも
述べてきた。
何故なら、憲法は、安倍首相のような権力者の暴走を押さえるためのものだからである。
ルールで縛られている側が「解釈」の名の下に勝手にルールを変えてはいけない。
こんなことが許されれば「ルール」も何もあったものではない。

マスコミは何故、この根本的な事を批判しないのであろう。

安倍政権が今、公然と行おうとしていることは
憲法無視のいわばクーデターとも言うべき「暴挙」なのである。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-25 00:19 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
3月22日、第3回電王戦第2局で、佐藤紳哉六段がコンピューター・ソフトに敗れた。
着物姿で、「居飛車穴熊」という必勝型でのぞみ
気合い十分であったのに、敗北した。
残念でならない。

本人の局後の感想に寄れば
「歩の垂らしを見落とした」と言うのであり
(「ニコニコ動画」の調子が悪く、はっきりとは聞こえなかったので
言葉は正確ではないが)
一つのミスが敗着になるのだから、対コンピュータ戦は怖い。

かくなれば、次局、若手のエース豊島七段には是非とも勝ってほしい。

ところで、佐藤紳哉六段と豊島七段といえば、あまりにも有名な
2012年NHK杯戦の対戦前の佐藤六段のインタビューを思い出す。
「豊島?、強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど、おいら負けないよ。え~、コマた、駒達が躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね。」
(このセリフはその後、何度も、何度もネタにされる…)

と同時に私は、佐藤・豊島の両者の関係に、
何故か、田中寅彦九段と谷川浩司永世名人の関係を思い起こしてしまう。

佐藤紳哉と田中寅彦の関係は、佐藤が四段でありながら、
NHK杯テレビ将棋トーナメントの記録係を務めたときに、
解説役で出演の田中寅彦が、「今日は、強い人が記録係をやっていますね」と
佐藤紳哉を紹介している。
佐藤が今回用いた居飛車穴熊戦法は、田中寅彦を世に押し上げた戦法でもある。

そして、豊島が若手の頃、関西の将棋ファンは、その知的で静かな雰囲気に
若き谷川を思い出したに違いない。

その連想からか、佐藤・豊島の関係に、
私は、何故か、田中・谷川の関係を連想してしまう。

四段昇段は同じでありながら、先行する谷川を追いかけ、
必殺「居飛車穴熊」をひっさげて連勝を重ねた田中寅彦は
谷川浩司が名人のときに、
有名な(と言いながら正確な言い回しは忘れたのだが)セリフを言い放つ。
「(序盤が下手くそなのに)あれくらいで名人になるものもいる」と。

将棋ファン的には(プロレス的あおりで)結構、面白いのだが
実際は、田中が猛烈に批判され、そして、失墜した。
田中寅彦がもう少し、谷川のライバルとして頑張っていたなら
来るべき「羽生世代」の猛攻をもう少し防げたのではないかと思わないでもない。

佐藤紳哉は、電王戦敗北を引きずることなく
更に強くなってほしい。
そして、是非とも豊島将之の好ライバルとなり
ともに上位を目指してほしい。

まずは豊島の来週の勝利を期待する。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-23 19:57 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
録画していたテレビ「アンビリバボー」
(フジテレビ系2014年3月20日放映)を見る。
録画が良いのは基本的に早送りで見られる上
気になる箇所は繰り返し見られるので
マジック番組などはうってつけである。
(といっても今回繰り返して見ることは無かったが…)

この日の特集の一つは「マジシャン・キラ対超人対決」というもので
3人の「超人」が代わる代わるキラと対決するのだが
その「超人」がいささかひどい。

二人目のスティーヴィ・スターはなかなか面白かったが
(それに対抗するキラのマジックも素晴らしい)
一人目の透視能力者ウエイン・ホフマンは
古くからあるトリック(あまりにも古い)であり
透視能力というにはほど遠い。
一番ひどいのが、三人目の予知能力者ザクリスである。
演出がオーバーなわりにはこれまた単純なトリックであきれる上
以前、「見破れトリックハンター」(日本テレビ系2013年9月23日放映)に
「超能力者」として出演し、マジシャン・Drレオンがそのトリックを暴露して
超能力者でも何でもないことを示したのである。
トリックを見破られたザクリスは
「ユリ・ゲラーでも見破れなかったのに」と述べていた。

そのザクリスをわずか半年後、別のテレビ番組系列とはいえ、
同じトリック、同じ演出で、同じパフォーマンスを
「ユリ・ゲラーも認めた超人」として登場させているのである。
これは一体いかがなものか。

無論、私は同じネタを放映するな、と言っているのではない。
名うての達人による名作は何度見ても面白い。
しかし、ザクリスはいかんでしょ。

ちなみに1920年代に発表された「ターベル・コース」(ハーラン・ターベル著)は
マジックの基本書ともいえる書物の一つであるが
(日本ではテンヨーが1976年以降翻訳を発刊・全8巻)
ザクリスのトリック自体はターベル・コースに解説されている。
(ウエイン・ホフマンのトリックも紹介されている)

とまあ思いながら見ていたが、しょせん彼ら「超人」は
マジシャン・キラの「かませ犬」であることを考えれば
どんなにひどくてもいい、と言うことなのかもしれない。

それにしても、キラはうまい。
感心しました。




.
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-22 16:43 | マジック | Trackback | Comments(0)
本日の新聞に寄れば、昨日の参議院予算委員会で、
民主党大塚耕平氏から
集団的自衛権の定義について聞かれた小松一郎内閣法制局長官が
「うかつに答弁しあとで訂正するのは良くない」という理由で
答弁を拒否したという。

一体全体この人は何という人なのだろう。
法制局長官が、まさか、集団的自衛権の定義を知らないのだろうか。
そんなことはないだろう。
仮にも法制局長官ですよ。
しかもこの人は「解釈改憲」をするために安倍首相から送り込まれた人物である。
自分の役割は知っているだろう。
加えて集団的自衛権が今国会最大の論点の一つであることも
分かっているだろう。
アメリカが他国から攻撃されたときに、一緒に反撃して戦争をしたい安倍首相と
その意を汲んだ小松氏である。
知らないはずはない。

そもそも国会は議論するところであり、質問に答弁するところである。
小松氏が、答弁を避けると言うこと自体が、国会軽視であり、国民軽視である。

仮に、その定義が、かつての国会答弁と、全く同じでないとしても
意味が通じていたら、誰も批判はしないであろう。
おそらく質問者の本意もそんな細かいことに主眼は無いだろう。
集団的自衛権、個別的自衛権、集団安全保障の3つを
改めて明確にすることによって、
集団的自衛権に踏み込むのは憲法違反であり
そして、国民の多くは決して集団的自衛権を望んでいない、
ということを明確にしようとしたに違いない(おそらく、多分…)

そうでなくて、集団的自衛権の定義で、小松氏の答弁の
つまらない「揚げ足取り」をすれば、質問者自身が逆に却って笑われるであろう。
こんな事も普通に考えれば分かる話である。
とすれば、小松氏は一体何を恐れたのであろう。

小松氏は「うかつに答弁」すると「あとで訂正する」ことになると言っている。
あたかも「あとで訂正」を当然の前提で述べている。
ひょっとしたら、本当に、定義を知らない?
いやまさか…?
「ひょっとしたら」と考えると、大変怖い。
こんな人たちが、日本を、戦争の出来る国にしようとしている。
実に怖い。
[PR]
by kazuo_okawa | 2014-03-21 23:01 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)