私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年 01月 09日 ( 1 )

沖縄読谷村に、米軍ヘリが落ち、何ら説明のないまま離陸した。
ひどいものである。

これに対する評価は、稲嶺沖縄知事の発言の通りである。

オキナワはどこまで犠牲になれというのか!

では、この引き続くオキナワの現状に対して、安倍首相はトランプにどう進言したか。
何もしていない。
色々言ってるが、実質、全く何もしていない。

国内ではえらそうにいっているが、実際は、トランプのポチゆえ何も出来ない。
悲しいが、それが現状である。

私が不快に思うのは、そのような現状(アメリカの植民地、或いはトランプのポチ)にもかかわらず、安倍首相はまるで「アメリカと対等」の上、「対等交渉」をしているが如く、国民に対して誤魔化していることである。

元旦産経のインタビューを見られたい。
どれだけ偉そうに言っているか!

安倍首相は、まるで米トランプと対等に意見交換しているかの如く述べているのである。
(プーチンとも…、という下りがあり、それも恥ずかしいが、本稿とは関係ないので省く)

これでは、真に、我が国の利益を守ることはあり得ないだろう。

安倍首相を支持する愛国右翼の皆さん!
これでは、安倍首相を非難こそすれ、支持すべきものとは到底思えないのですが…。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2018-01-09 23:52 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)