私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 11月 29日 ( 2 )

日馬富士と安倍首相!

朝のワイドショーは、国会のモリカケ報道ではなく、連日、日馬富士暴行事件ばかりで辟易する。
テレビ局は、日馬富士報道一色にすることよって、安倍首相に忖度しているとしか思えない。

そんな中で、安倍首相が、国会で日馬富士暴行問題で答弁したという。
ニュースによれば、29日午前の参院予算委員会で安倍首相は、日馬富士暴行問題を「極めて遺憾だ」と述べた上で、「日本相撲協会で迅速に事実関係を解明することが大事だ。その結果を踏まえて、文部科学省で適切に対応することになる」と語ったという。

この人は、いつも自分のことは棚にあげてあれこれ言う人だが、またしてもである。

「日本相撲協会で迅速に事実関係を解明すること」よりも、ご自分のことで、もっともっと大事なことがあるでしょう。
いうまでもなくモリカケ疑惑である。

近代国家の原則である法治主義を捻じ曲げ、「お友達」を優遇した疑惑であり、一力士の暴行事件よりも遥かに大問題である。
つまり、安倍首相自身が言うべきは日本相撲協会の事ではない。

いや、言ってもいいのだが、ならばそれ以上に言うべきことがある。
すなわち、モリカケについて「財務省など関係省庁に迅速に事実関係を解明すること」を指示することである!


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-11-29 18:08 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)

ニュースによれば、米サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は22日、市民団体が市内に建てた旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像の寄贈の受け入れを承認し、像は市有物となる、という。

これを受け、サンフランシスコ市と姉妹都市である大阪市の吉村洋文市長は「サンフランシスコ市の意思として慰安婦像の受け入れを確定させることになったのは、大変遺憾だ」とのコメントを発表し、その上で、両市の信頼関係はなくなったとして、姉妹都市解消の手続きに入り、12月中に完了させる意向を表明したという。

慰安婦像問題については、古くから自由党小沢一郎が意見表明している。

例えば、我が国がモニュメントとして広島原爆ドームを残しているが、これをアメリカが「広島への原爆投下は正しい。原爆ドームの存続は許さない」と言えばどうなるか。

それこそ「内政干渉」として、日本国内で大きな批判が起こるだろう。

慰安婦蔵も同じである。
それを前提にして外交交渉をしなければならない。

私は、この小沢氏の意見が正論と思うが、言いだしたのが小沢氏だと言うだけで、その意見の妥当性を考えず批判する人がいる。
きちんと冷静に考える必要があるだろう。

サンフランシスコ市が慰安婦像を設置する自由にとやかく口を出し姉妹都市を解消すると政治的圧力をかけるというのは果たしてどうなのか。

戦後精算をきちんとしない維新政治は本当にゴメンである。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-11-29 00:54 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)