私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 10月 10日 ( 2 )

新しくタイトルに昇格した叡王戦の予選が進められているが、9日、その四段戦で藤井聡太四段が決勝に勝利し、本戦出場を決めた。

今年度優勝の可能性のあるのは、この叡王戦とNHK杯、いずれも中継が入るという特徴があり、そういった棋戦で勝ち上がったところに彼の強さ、持っている運というものを感じる。

とりわけ、四段戦準決勝の相手佐々木大地四段には初対局で敗れた相手である。
その相手にきっちりとリベンジしたのである。

しかし内容は、佐々木四段が勝勢であった。
(専門的には実際に勝ち筋があったという)
ところが終盤、佐々木の一瞬の緩手をとがめて一気に逆転し、そしてそのまま詰ませた。
何かゾクゾクするような切れ味である。
終盤に強い藤井の魅力を存分に生かした名局であろう。

そして同日行われた 藤井四段対杉本和陽四段の対局も、終盤杉本の優勢の部分がありながらやはり逆転して勝利した。
将棋は逆転のゲームであり、だからこそ、見ていて面白い。

画面に映る敗者の姿が胸を打つ。

藤井はこれでベスト16の本戦入りである。
強豪相手にどのように闘うのか、今から大いに楽しみである。

【12日追記】
本日の報道ステーションで、連勝ストップ後の藤井聡太を特集していた。
こういう特集は嬉しい。
もっとも、キャスターは連勝ストップ後、藤井は6敗して苦しんでいる、というものだったが、その相手はいずれも実力者であり、驚くに当たらない。むしろ本文に書いたとおり、順調に伸びている、と評するべきだろう。
現に本日、順位戦で無傷の5連勝を果たした。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-10-10 19:30 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
衆議院総選挙が本日公示され選挙が始まりました。

安倍政権による権力の私物化とひたすら戦争への道を進み、あげくは疑惑隠しの勝手な解散。

今回の選挙で、何とかしたいという思いの方はこれまで以上に多いのではないかと思います。

そこで一番簡単な、ネットでの選挙運動について、私も属する「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」がその説明を載せました。
すなわち「ネットでできる政治活動・選挙活動」について、杉島幸男弁護士が分かりやすくい解説しています。
どうぞ皆さん、リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会のホームページにアクセスして是非実行してください。
そしてどんどん拡散してくださいね。

【追記】
詳細は「リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会」にアクセスして杉島弁護士の記述をお読みいただきたいが、要点中の要点は、Eメール以外の、自分のブログやツイッターを利用して自由に「選挙活動」ができるようになったことである。ブログ・ツイッターをお持ちの方は大いに発信してほしい。

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-10-10 14:14 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)