私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 10月 02日 ( 1 )

民進党が、「組織」と「金」を手放すという前代未聞の決断をし、そして小池「希望」に合流することになった。
民進党はその引き替えに、小池氏の「人気」を買ったわけだが、しかし「対等合併」ではなかった。
小池氏が元民進党員を「選別」するというのである。
そしてその「選別」の条件は、「安保法制」を認めることと「憲法改正」だという。

しかしこれは余りにも無茶な条件である。
何故なら、民進党は、先の安保法案に党を挙げて反対してきた。
安倍氏の憲法改正にも反対してきた。

そんな民進党員に、それを転換せよとの条件とするのは、それまでの政治姿勢を変えよ、と言うに等しい。
余りにもあり得ない話である。

政治家たる者は、ときには、社会情勢に応じて柔軟に決断することはあるだろう。
とはいえ、その柔軟さには限度がある。
この憲法違反の安保法を認めるか否か、そしてそういう立憲主義違反を見過ごしたまま「憲法改正」に取り組むかは、その政治家の根本姿勢に関わることである。

しかし小池女帝は「それまでの思想信条は切り捨てて、私に降れ伏しなさい」と命じたわけだ。
こんな事を命じる女帝も女帝だが、唯々諾々と応ずる方も応ずる方である。
小池女帝の言うがままに応じた「希望」転身組には、政治家としての気概は無いのか!と言いたい!

表題は、枝野氏が10月1日の市民派集会でに発した言葉である。

「ぶれない、媚びない、曲げない!」

素晴らしい言葉である。

2日午後5時、枝野氏は、立憲民主党を立ち上げることを宣言した。
枝野氏には是非とも頑張ってほしい。

民進党から「希望」に移った者は、「ぶれて、媚びて、曲げた」政治家であることは間違いないだろう。
そしてまた、それが「希望」の本質でもある。



.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-10-02 23:00 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)