私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 09月 23日 ( 1 )

三度目の殺人!

「弁護士は依頼者を守るために徹底的に向き合います。」というキャッチフレーズと共に大阪弁護士会が応援している映画が「三度目の殺人」である。

福山雅治主演、そして共演者に役所広司、広瀬すず。
豪華な顔合わせである上、結末をあかさないリドルストーリーであることが公開前から話題を呼んでいた法廷サスペンスである。

大阪弁護士会館にもポスターが貼ってあったため、最終上映時間に観に行く。

以下、私は小説を読まず、映画だけを観た感想であるが、未だ映画を観ていない方には是非映画を観た上でお読み下さい。
映画はお薦めです。

【以下、ネタバレにご注意下さい】

是枝裕和監督の狙いは、我が国の司法制度が真相究明や真に裁かれる者を暴くという構造になっておらず「訴訟経済」や裁判長の阿吽の訴訟指揮に法曹三者が流されるという司法の現実の告発である。
この映画を観た者ならば「あれ、この事件の真相はどうなの?」と誰しも思うだろう。
実は是枝監督の狙いはそこにある。
<その通り、真相なんかは不明なんですよ。
実は、日本の司法も同じで、裁判に真相究明などありません。真に裁かれる者を裁いているのでもありませんよ。>
かくて「訴訟経済」のもと、司法による「殺人」(死刑)が行われるというわけだ。
これが映画のテーマである。

それでも事件の「真相」が気になる方がおられるかもしれない。
是枝監督はそこもうまく作っている。
本作は、主役の弁護人(福山)の視点で描いている。
ところが随所に「神の視点」が出てくる(広瀬の靴が焼けていることや、母との会話など)。
この「神の視点」に真相を置くというのが(叙述トリックは別であるがそうでない限り)ミステリの常道である。

無論、弁護人(福山)にはこの「神の視点」は見えない。

判決に、被告人(役所)は実に穏やかな表情をして、「私も人の役に立った」と述べるのであるが(それゆえ「神の視点」と合わせれば真相は分かるが)、弁護人には真相はわからない、という結末なのである。

なかなか見事である。
裁判官、検察官、弁護人の描き方もいずれもリアルである。

被告人が、供述を変遷するが、弁護人はその都度向き合う。

大阪弁護士会が薦める所以である。



.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-09-23 23:38 | ミステリ | Trackback | Comments(0)