私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 08月 31日 ( 2 )

宿野かほる『ルビンの壺が割れた』を読んだ。
見事に騙されました。
新潮の宣伝戦略に…。

帰路、梅田紀伊国屋書店に寄ると大量に本書が積まれている。

「この小説、凄すぎてコピーが書けません。」というコピーである。
そして「ネタバレ厳禁!」とある。

こうなればどんなに凄いミステリかと思いますね。
ネット上でも話題騒然だったらしい。
何せ題名は『ルビンの壺が割れた』。
有名な錯視画像「ルビンの壺」が割れるというのですから、叙述トリックが二転三転するのかな、と普通に思いますよね。
(それゆえ「書き手」その他いろいろと疑いながら読んでいく…)

そして読了!
なんというんでしょうか。
本書は、広義のミステリではありますが、本格ミステリではありません。
しかしね、ネタバレ厳禁!とあれば本格派かと思うではないですか。

要するに本書は、私の好きな作家のひとりである有栖川有栖氏の言葉を借りると「秘密明かし作」にすぎないのです。
つまり、本来本格ミステリは「謎を解く」ものであるはずのところ、最近あまりにも「秘密が明かされていくだけ」の作品が多いことへの嘆きである。
改めて言うまでもないが、本格ミステリは「発端の興味深い謎」が合理的に解き明かされて、そして意外な真相に至るというのがその醍醐味である。
にもかかわらずただ単に、秘密が明かされていくだけのミステリが多すぎる!
これが、有栖川氏の嘆きであり、古くからの本格ファンとして全く同感である。

そして本書は、本格ミステリではなくその「秘密明かし作」なのである。
こういう作品は本質的に驚くことはないんですね。
しかも身構えて読んでいるためか、本書の落ちも、ある程度予想される。

いやあ、見事にコピーに騙されました。

コピーの中の「一時間で読める」というのだけは本当です。
すらすらとすぐに読めます。
本格ファンではなくて、「秘密明かし作」ファンにはお勧めでしょう。
それにしても、こういう読みやすい「秘密明かし作」が売れるんですね…。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-08-31 22:26 | ミステリ | Trackback | Comments(0)

憲法違反の「戦争法」を成立させ、アメリカべったりに戦争する体制を作ること自体が、日本にとって危険である、と言われてきた。
戦争法の用語を逆手にとって安倍首相自身が「存立危機事態」と言われたものである。

北朝鮮のミサイル発射に対して、安倍首相が「平和外交」を駆使するのではなくひたすら危機をあおっている。
これまでも北朝鮮が予告なく日本の上空にミサイルを発射したことは何度も何度もあった。

しかし「今回はこれまでと違うぞ」と言わんばかりに安倍首相は危機を煽っている。
一体全体これまでとどこがどう違うというのか!

もしもこれまでと違うのならそれは、戦争法を成立させたことであろう。
これは「アメリカべったりで戦争する」ということを世界に宣言したに等しいからである。

米朝のチキンレースに対して、冷静に「平和外交」を駆使するのではなく、思考停止ともいうべき「制裁」のみを声高に叫んでいる。

今こそ憲法違反の戦争法を廃止し、「平和主義」に徹するという日本のありようを取り戻すべきだろう。

Jアラートを批判したホリエモンのツイッターが炎上したという。
いったいこの国の「表現の自由」はどうなっているのか!
余りにも悲しいニュースである。
【追記】
これまでと違うもう一つの事実は、モリ・カケ疑惑から目をそらしたいという、安倍首相にとって「不都合な真実」であろう。


.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-08-31 00:13 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)