私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

2017年 07月 26日 ( 1 )

本日のNHK6時10分の関西版ニュース及び7時の全国版ニュースで、近畿財務局が森友学園籠池理事長の言い値で売却代金を決めたという画期的なニュースが流れた。

この売却値についての交渉過程については「記録はない」との一点張りで佐川理財局長が終始不誠実な答弁をしたことは知られているが(そしてその後国税庁長官に栄転したため大いに批判されている)、NHKは関係者に取材を重ねて次の事実が分かったという。
2016年3月24日に森友学園側弁護士は近畿財務局と豊中国有地の売却交渉をした。そのとき、近畿財務局側は、「幾らなら支払えるのか」と問いただしたという。
学園側弁護士は「1億6000万円までなら買える」と答えた。
一方近畿財務局側は、土壌改良費で国が1億3200万円負担予定であるから、これを上回る価格でないと売れないと答えたという。

そして実際の売却価格は両者の間の1億3400万円。
つまりは近畿財務局が森友学園籠池理事長の言い値で売却代金を決めたということである。

大阪地検特捜部は、この詳しい経過を調べているという。

NHKの担当記者が、地道な取材を重ねたところが素晴らしい。
アッキード事件を風化させないためにも、ぜひ、他紙も追いかけてほしい。


.

[PR]
by kazuo_okawa | 2017-07-26 19:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)