私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 07月 02日 ( 1 )

安倍首相は1日夕、東京JR秋葉原駅前で、都議選の応援演説を、初めて街頭で行った。
アキバは安倍支持オタクの集まるところで有名で、従来からも、自民党の支援者が集まり、日の丸の小旗を振る姿などが見られたところである。

安倍首相は自分の気持ちのいいところでしか話さないという、およそ政治家と思えないメンタリティの持ち主であるが、安倍聖地アキバには安倍首相の思惑に反して反対派も集まった。

「安倍政治を許さない」「国民をなめるな」「臨時国会をいますぐ開け」などの横断幕やプラカードを掲げる反対派が集まり、首相の演説が始まっても「辞めろ」「帰れ」コールはやまなかったという。

これに対し、首相は「人の演説を邪魔するような行為を自民党は絶対にしない」と反論する一幕もあったらしい。

よく言うよ!とはこのことだろう。

「人の質問を邪魔するような行為」として、総理自らが国会でヤジを、何度、飛ばしてきたことか!
理性も知性も品性も欠く行為である。

或いは、野党の質問にまともに答えず、時間稼ぎのすり替えを行ってきた数々の行為は、それ自体が実質的には「質問を邪魔する行為」である。

何よりも、これらのヤジの背後には、多くの国民の声があることを、安倍首相は、完全に忘れている。

【追記】
上記のアキバの情景が、都議選が終わったあと、テレビ地上波のニュースにも流れた。
「返れ」コールに対して、安倍首相は指差しして「こんな人達に、皆さん、私達は絶対に負けるわけにはいかない!」と叫んでいる!

「その言葉をそのまま返そう」そう思った国民は多かったろう!

.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-07-02 16:32 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)