私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 06月 09日 ( 1 )

文科省は「国民の声」が多く寄せられ、「総理のご意向」文書の存在を再調査するという。

遅すぎた嫌いがある。
本当に調査すれば、総理の圧力と不公正な行政が明らかになるだろう。
内閣総辞職ものである。

しかし、「国民の声」を理由とするなら、森友学園で、昭恵夫人と谷氏は証人喚問に不可欠だろう。
こちらも同じように「国民の声」を聞かねばならない。

また、「国民の声」を理由とするなら、共謀罪法案で、迷走する国会答弁のまま強行採決するのは到底許されない。

何故に、加計学園事件だけ「国民の声」を聞いたか。

誰しも思うのは、前川前文科事務次官の誠実さ、その供述の説得力があるにもかかわらず、政権はそれを無視してきたこと、内部告発が続いたこと、一方、政権に忖度した(安倍首相が「読売新聞を読め」というその)読売新聞が前川潰しを図ったことに対して、政権の奢りとそれにひたすら提灯持ちををするだけの御用新聞ぶりに{しかも開き直った弁解をしている}、国民が嫌気をさしてきたことを感じ取ったに違いない。
(実際は、実名告発の動きを知ったことらしいが、表面上は「国民の声」と言っている。)

読売新聞は、恥ずべき弁解記事の中で「政治・行政の監視という報道機関の役割を果たしていく」と述べている。

ならば、読売新聞は先頭にたって、森友学園、共謀罪についても同じように「国民の声」を聞けと論陣を張ってほしい。

私は、良心的で尊敬しうる読売新聞記者を何人も知っている。

今こそ頑張ってほしい。



.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-06-09 23:13 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)