私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2017年 06月 07日 ( 2 )

6月2日の「リスペクトの政治を作る大阪弁護士有志の会」設立集会は成功に終わりました。
しかし、気になるのは、当日の質問にも、また終了後のアンケートにも、アベ支持率の高さを嘆き、或いは、何故なのかという質問がかなりあったことです。
そこで、私は、下記の通りメーリングしました。
お読み頂ければ幸いです。(FBにも載る予定です)



お疲れ様でした。
設立記念集会は本当に良かったですね。
添付アンケートもほぼ嬉しいですね。

それにしても、このアンケートにも出ておりまた会場での質問でも出ていましたが
「安倍の支持率が何故高いのか?」という質問が多すぎます。
参加者の方たちは政治に関心を持ち知識も高いと思われるのに大変残念です。
大手新聞の世論調査のでたらめさをもっと伝えないといけないと思います。

無論、素地としては、何よりも、中野先生の答えられた通りです。
つまり「何故安倍を支持するのか」と理由を聞くと「他よりまし」というのが一番多い。「この道しかない」と思わされている。増して若い人は4年半安倍を見ている。安倍と「悪い」と言われる民主しか知らない。
このように中野先生の言われる通りメディアの影響が第一の理由ですが、さらに、新聞世論調査の手法にも注意する必要があります。

基本は固定電話中心です。(最近は携帯も加味するのですが、ならば、以前携帯を無視したのはおかしいのではないかと、共謀罪の「676→277」と同じ批判がなりたちます)
多くは約2000人に無作為アクセスし、回答は約1000人(つまり約1000人が無回答ですが、詳細は不明です、その約1000人のうちの約500人がアベ支持と答えているにすぎません。(固定電話に出る層、無回答層を考えましょう)

しかしネット上のアンケートはむしろ政権批判が多いことはいわゆる小沢問題の時にも指摘されていました。
現に、この3月の日経新聞電子版クイックVOTEでは「日本経済新聞の読者調査、内閣支持率が37%にダウン!森友学園問題に強い不信感!」と普通に出ています。集会前日(6月1日)にはアベ支持は26・7%とさらにダウンしています。
ところが日経はわざわざ、この読者調査は必ずしも世論調査と一致しません、と注釈していますが…。

まあ、ともあれ、アベ支持の高さで「がっくり」くる人が多いので、それは違うよ!と説明していくことが重要だと思います。

大川一夫
【6月13日追記】

リスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会ファイスブックにも掲載されました。

そちらのフェイスブックもご覧ください。



.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-06-07 22:33 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

すでにブログで述べましたとおり、6月2日の「リスペクトの政治を作る大阪弁護士有志の会」設立集会は成功に終わりました。

この日の様子はIWJにも出ています。

私の挨拶の要約は以下の通りです。

【開会の挨拶】
呼びかけ人の一人として一言ご挨拶を申し上げます。皆さん本日はお忙しいところ多数お集まりいただき有難うございます。中野先生もご多忙のところお越しいただきお礼申し上げます。

森友学園、加計学園、共謀罪など安倍首相の「政治の私物化」は目に余ります。

安倍首相に近しいものには便宜を図り、反対する者には監視・抑圧する。
加計学園の前川潰し、木村潰しもあった。
あまりにも露骨な「私物化」と言わざるをえません。

無論、これまでも政治の私物化は少なからずあった。
しかし、安倍首相は度を越している。
安倍さんは先の戦争法国会で、国民の幸福追求のために戦争法をつくると言った。
そうでいながら幸福追求権の根拠条文が最初は言えなかった。
私は憲法をこんなにも捻じ曲げた政治家を到底信用できない。

そもそも、本来政治は、憲法の精神を実現するためにあるはずだ。
憲法は私達主権者がこういう国つくりをしたい、として取り決めたもの。
政治はこれを実現するものでなければならない。
憲法13条。全ての国民が、平和のうちに、幸福に生きる権利が実現される社会の実現こそ、政治の役割である。もっとひらたく言えば、「個人の尊厳」が実現されなければならない。
そこで真の意味での憲法の理念の実現するために、私たちはこれを「リスペクトの政治」と呼び、具体的には特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法案の廃止を目指して、「リスペクトの政治を作る大阪弁護士有志の会」を立ち上げました。

本日は中野先生をお招きして設立集会を開催することとしました。
私自身も中野先生の話を楽しみにしています。
今日のこの集まりを契機として、真に、憲法の理念が実現される社会を目指したいと思います。
ともに頑張ることをお誓いして冒頭のあいさつとさせていただきます。
本日は最後までよろしくお願いいたします。



.


[PR]
by kazuo_okawa | 2017-06-07 00:33 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)