私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

王座戦、羽生敗れる!

羽生王座に若き中村大地六段が挑戦する将棋王座戦5番勝負は、中村2連勝のあと、羽生が一勝を返した第4局。
羽生がもしも勝って2勝2敗となれば流れは羽生に行くであろうから、中村にとっては負けられない大一番だった。
それを中村が制し、新王座誕生となった。

中村は、周到に研究し用意した作戦をとり、乱戦を制した。
見事の一言に尽きる。

このシリーズは第一局が全てであろう。
まだ互角の場面で羽生が投了したのは、ある意味で衝撃的だったが、これは、前期佐藤天彦に敗れた名人戦第二局を思い起こす。
「羽生時代の終わりの始まり」を改めて感じさせる一局であった。
無論、この羽生が次の竜王戦にどう戦うのかは非常に楽しみである。
何せ七大永世タイトルが掛かっている。
興味は尽きない。

これで20代タイトルホルダーが3人!
「最強羽生世代」はついに羽生の一冠のみとなり、「羽生世代」は終わったと言えるだろう。
さらには藤井聡太四段世代の躍進など、世代対決も見逃せない。

時代の変わり目は、ある意味で「戦国時代」である。
現に複数タイトル保持者は、渡辺二冠(竜王、棋王)のみとなった。

誰が次代を制するのか、実に興味深い。

【追記】
自宅への帰路、日本将棋連盟アプリで本日の棋戦を検索すると、豊島八段が王将リーグで斉藤七段に勝利している。
今期棋聖戦の挑戦者にもなった斉藤に完勝である。実に強い。
ただ一人負けなしの連勝である。
名人への挑戦を決めるA級順位戦でも負けなし。
棋王戦挑戦者トーナメントでも勝ち続けている。
この勢いだと、王将戦、棋王戦、名人戦と連続挑戦もあり得るだろう。
豊島ファンとしては大いに楽しみである。

.


[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/26104410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-10-11 20:59 | 将棋 | Trackback | Comments(0)