私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

臨時国会で解散の暴挙!

ニュースによれば、安倍首相は臨時国会での解散を決めたという。
総選挙は10月22日が有力らしい。

しかしこれほど主権者を舐めた総理大臣はいないだろう。

一昨年は、そもそも臨時国会を開かないという憲法違反。
昨年は「安倍一強」と言われ、臨時国会冒頭には自衛官、警察官らに敬意を表しようなどと述べて国会議員を起立させ安倍首相の方をむいて拍手させた。
(まるで将軍様に向かって拍手しているようで気持ち悪すぎる!)
そして今年は、臨時国会冒頭に解散するという。
これほど国会が蔑ろにされたことはないだろう…。

解散の理由は何処にもない。
そもそも安倍内閣は「改造」したばかりであり、自ら「仕事人内閣」と呼んでいた。
そうでありながら「仕事」させずに解散するのである。
また、あれだけ煽った「北朝鮮ミサイル発射問題」
そんなに危機なら選挙などしていて良いのか!
全く理由がない。

無論国民には分かっている。
この解散が、モリ・カケ疑惑隠し以外の何物でもないことを。

要するに安倍首相のしたことは、個々の政策がいいとか悪いとかいう問題ではない。
近代国家なら絶対にしてはならない「立憲主義違反」「法治主義違反」というルールそのものを破壊したことだ。
こういうことは絶対にしてはならないのである!
もしも安倍政権が続くようなら、(そしてモリ・カケの責任が問われないなら)公平な行政は無視され、安倍首相に忠誠を尽くした者のみが得をするということになってしまう。
つまり「近代国家以前」である。
安倍首相が「戦前」に郷愁をもっていることは明らかである。

とすれば、この選挙は、オーバーに言えば、<我が国が近代国家たり得るか>が問われている。

主権者としてなすべきは、安倍政権に鉄槌を下すしかない。
即ち自公以外の候補者に入れることだ。

よく、「自民もひどいが、野党もひどい」という人がいる。
こういう意見が結局は<現状維持>にしてしまう。

以前のブログにも書いたが、山尾議員が離党に追い込まれたが、たかが不倫ではないか!
一体全体、野党の誰が「立憲主義違反」「法治主義違反」という巨大で悪質な違法をしたというのか!

今回の総選挙は、極端に言えば、自公以外なら何処でもいい。
そこまで、腹をくくらないと、この国は文字通り「近代国家」でなくなるだろう。


.


[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/26055535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-09-18 20:08 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)