私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

新時代の刑事弁護!

成文堂から690頁にも及ぶ大著が発刊された。
浦功編著本『新時代の刑事弁護』である。
そして、9月1日、論文集の出版を記念して、お祝いの会が開かれた。
この論文集は、浦弁護士が古稀を迎えられたことを記念して大阪の刑事弁護委員会に属する弁護士有志により企画・執筆が始まり、その後、浦弁護士の論攷も加え、その指揮を受けて、編著本として完成するに至ったものである。
内容は1970年代から現在に至るまでの刑事弁護をめぐる状況について振り返るとともに、昨年の刑事訴訟法改正をも踏まえ、未来を見据えた新しい時代の刑事弁護のあり方について、提言するものとなっている。
私も「数学的刑事弁護~検察官の誤謬に打克つ」という論考を寄せた。
拙稿は、刑事裁判における検察官の統計的立証には誤謬もあるので注意すべしというものであるが、刑事弁護に関心ある方のみならず、論理(ロジック)と経験的直感による推論(ヒューリスティック)の乖離現象に興味ある方にはその点からも喜んでいただけるのかなと思っている。
とはいえ独りよがりかもしれない。
是非お読みいただければ幸いです。

.

[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/26021543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-09-02 22:27 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)