私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

菅井3勝目!王位奪取目前!

第58期王位戦七番勝負の第4局、羽生善治王位に挑戦している菅井竜也七段が3勝目をあげ、通算成績を3勝1敗にした。
これで王位奪取の可能性が大いに高まった。

一日目、(東京からの帰路連盟アプリにアクセスして)菅井が早々に馬を作っているのに驚いたが、初手から見ると、二手損の戻り飛車という凄い内容である。
過去3局はいずれも「ゴキゲン3間飛車」
菅井はこの戦法は、対羽生以外には指していない。
いわば羽生専用の3間飛車であり、研究の戦法だろう。

そして重要な4局目、ついに得意の中飛車に振ったのだが、羽生も飛車を振ると、それも予想していたかのように手損しながら居飛車に戻したのである!

一日目に有利になり、そして完勝。
いやあ、実に見事である。

「我々の世代は子どものころから、羽生さんが絶対王者。その羽生さんとこうして対局できること自体が嬉しいが、その気持ちでいる限り勝てない」という趣旨の感想を述べたのは、先に羽生棋聖に挑戦して敗れた斉藤慎太郎七段の言葉である。

菅井も同じ趣旨の言葉を述べていたが、同時に勝つために何が必要かを、この棋聖戦を目の当たりにして考えたであろうことは想像に難くない。
今年に入って、タイトル戦の挑戦者は全て関西勢である。
千田翔太六段(棋王戦)、稲葉陽八段(名人戦)、斉藤慎太郎七段(棋聖戦)、と菅井のライバルでもある関西若手が連続して挑戦したことは菅井にとっては刺激になったろうが、同時に彼らの挑戦(と失敗)を見てきた上で、そして、そのアンカーの挑戦者ということも大きいだろう。
何よりも師匠格の久保利明王将の誕生も大きいに違いない。

勝負師には、間違いなくこういう運の強さも重要なのである。
第5局、今から大いに楽しみである。

.




[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25999773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-08-23 19:41 | 将棋 | Trackback | Comments(0)