私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

藤井四段、コバケンに勝つ!

15日、おそらく多くの方がお盆休みであるだろう日にAbemaテレビが生中継をした。
王位戦予選で、スーパールーキー藤井四段が板谷一門の先輩コバケンこと小林健二九段に挑む。
コバケンはタイトルこそとれなかったが、谷川時代の名脇役である。
彼は、一門の後輩にして天才藤井との初対局に、予選であるにもかかわらず着物姿で臨む。
コバケンの気合が見て取れる。

しかし藤井の将棋が良い。
観戦していて面白く実に魅力的である。
隙あらば攻撃を仕掛ける。
矢倉模様から、後手番藤井が早くも65桂と跳ねる。
超現代将棋である。
ここからの仕掛けが面白い。
終盤もコバケンの角取りを無視して攻める。
終盤力は藤井の武器であり、見事に勝利した。

勝利後のインタビュー力の素晴らしさはこれまでも何度も指摘されている。
この日も将棋の質問のみならず、「15日終戦記念日に何を思うか?」といった難しい質問にも藤井は「平和な時代だからこそ将棋が楽しめる」とそつなく答えた。

感想戦の後の駒の片付けの際に、コバケンがさりげなく藤井に話しかけた会話がいい。
板谷一門の先輩の優しさを感ずると共に、一門の期待が伺える一瞬である。
こういうところが、観戦将棋の魅力でもある。

.


[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25984288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-08-16 13:02 | 将棋 | Trackback | Comments(0)