私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

モリ・カケ疑獄を終わらせてはいけない!

本日、アッキード事件では大阪府議会に籠池元理事長登場、カケ疑惑では前川氏への閉会中審査と重なった。
何で同じ日にやるのだろう、と思うが、言うまでもなく、大きなニュースをぶつけるという、以前よく見た風景ですね。

さていずれも質問者は、自、公、維中心と出来レース感がただようが、それでも、前川氏の誠実な証言は「歪められた行政」「背景に官邸」は明らかになったろう。
今後は、続けて臨時国会を開けと、求めなければおかしい。

一方、籠池元理事長。
「新しい国を支える人材を育てる小学校をつくることはかねてからの念願だった。(学園の)創設者も模索していたが、さまざまな規制でさえぎられ、計画が出るたび頓挫していた。私が平成7年に経営を引き継いでも変化はなかったが、情勢が変化したのは19年。第1次安倍政権のもと、教育基本法が改正された。私は愛国教育の先駆けになろうと教育の充実に努め、各方面から賛同の声が寄せられるようになった。議員も視察に来るようになった。人を介して、安倍晋三先生、昭恵氏とも知り合った。24年2月には日本教育再生会議のシンポジウムがあり、安倍晋三首相と松井一郎知事が同席した教育シンポジウムの後から、学園を取り巻く環境に大きな変化が起きた。大阪でも教育再生の掛け声が高まり、維新の先生が幼稚園に視察に来るような情勢となった。こうした情勢の中、今なら小学校建設が実現するだろうと府への申請にふみきった。」
「議員お示しの通り『安倍晋三記念小学院という名前でいきますよ』と申請し、私学課もそれを認識していた」
「私の教育信条は歴史と教育、文化、天皇国日本で、安倍晋三総理の教育基本法の改正と私の教育理念が合致していたからだ」
活字を追うだけでも、籠池節が目に浮かぶが、安倍・松井の意気投合後、モデル校として、記念小学院が作られていく様子が伺える。
こちらも引き続き、松井・安倍昭恵側の尋問が不可欠だろう。

これで幕引きを図ろうとするなら、さらに安倍支持率はダウンするに違いない。




.


[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25905481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-07-10 19:01 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)