私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

「総理のご意向通りの内容でした。」

6月21日に自民党憲法改正推進本部が開催され、そこで、憲法9条に自衛隊明記へとする方向で本格始動したという。

これは安倍首相が5月3日に突然いいだした「安倍流改憲」にすぎない。
「詳しくは読売新聞を読め」と、まさしく読売新聞が御用新聞であることを安倍首相が明言したあの出来事である。

この「安倍流改憲」は、自民党がこれまで内部で議論して対外的に発表した自民党改憲草案とは全く異なるものであり、しかも自民党の内部的な民主的プロセスを経ていないものである。

ニュースでは、自民党関係者が「安倍さんは憲法改正を成し遂げたと歴史に名前を残したいだけ、中身なんてどうでもいいんだよ」と言い切っているという。
しかし、わかっていながら、表だって反対する声はない。
つまり、自民党自身が、最早、内部的な民主主義はなくなっているのである。
言わば「独裁」である。

こんな「憲法改正」は絶対に許してはならない!!

21日、テレビ朝日・報道ステーション富川悠太キャスターは、皮肉を込めて発言した。

「総理のご意向通りの内容でした。」


.


[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25863609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-06-22 09:00 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)