私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

負けてニュースになる凄さ!

将棋ファンとして、本日の豊島将之八段対藤井聡太四段の対局は、非公式戦ながら実に興味深い一局だった。
豊島八段は、将棋ファンなら誰もが知る「序盤、中盤、終盤隙がない」若手実力者である。
そして一方デビュー以来公式戦を勝ち続ける終盤の破壊力を持つ藤井四段との対局である。
どんな対局になるのか、期待の一局である。

この対局は、日本将棋連盟アプリでも携帯中継されており、私自身リアル中継を楽しんだ。

内容は角換わりの面白い一局であり、豊島八段が完勝した。

これで、藤井四段は、炎の7番勝負で唯一永瀬拓矢六段に負け(6勝1敗)、三月のライオンとのコラボ企画獅子王戦では羽生善治三冠に負けており、これで非公式戦は3敗目となった。

驚くべきは、これがネット上でニュースとして流れていたことである。

どんな内容であれニュースになるのは将棋ファンとしては大変嬉しい。
しかしそれが、新人でありながら、敗れてもニュースになるのであるから、凄いとしか言いようがない。

【5月8日追記】
その後、テレビのニュースも出ており、また8日付け新聞にも出ていた。
一番驚いたのは「まさか、敗れる」という見出しを付けたところであるが、これは将棋を知らない(豊島八段の実力を知らない)ゆえの落手であろう。
豊島八段なら十分にありうる結果であり、だからこそこの将棋祭りは非公式戦ながら楽しみだったのである。

【5月12日追記】
本日、藤井四段は17連勝を記録した。
一般ニュースになるのは嬉しい。
しかし彼の実力はおそらくトップ20以内にいることは違いないだろう。
そうであれば、しばらく彼が当たるのは予選クラスであるから、おそらく連勝はさらに続くに違いない。


.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25754424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-05-07 21:14 | 将棋 | Trackback | Comments(0)