私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

余りにもなめている安倍首相の改憲発言!

5月3日は憲法記念日である。
安倍首相が、お友達「日本会議」同様の戦前回帰型の日本とそのための「憲法改正」を目指していることは明らかである。
しかし、そういう素振りはこれまで全く見せない。
その問題点を、私は、野球ルールを例にとって前日のブログにあげた。

するとどうだろう。
3日付の読売新聞で、安倍首相は単独インタビューに応じ、「憲法改正 20年施行目標」「9条に自衛隊明記」「教育無償化 前向き」「『戦後』脱却に強い決意」とある。

内容は、集団的自衛権を認めた(無論立憲主義違反で認められない)安倍首相の立場からすれば、そういう自衛隊は、アメリカのいうなりに戦う軍隊にほかならず、名称は「自衛隊」と呼称していても、実質は「国防軍」である。

中身も到底許されないが、ひどいのはそれだけではない。

こういう重要なことを、自らお気に入りの御用新聞にだけ単独インタビューに応じているのである。
元旦はこれまたお気に入りの産経新聞の単独インタビューに応じていた。
こういうお気に入り新聞のみに応ずるのは、厳しい質問もされず、いわば言いたい放題のたれ長しである。
こういう姿勢自体が恥ずべきことである。
一方の、マスコミ側も、政権のスポークスマンに成り下がっており、その姿勢自体が大問題である。

さらにネットで見ると、安倍首相は、憲法改正を求める集会にビデオメッセージを寄せ、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と読売と同種の表明したという。 首相がメッセージを寄せたのは、日本会議が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会などの改憲集会である。

このように安倍首相のありようは余りにもひどいのであるが、何がひどいといっても、憲法記念日という日に合わせて、こういう発言をするということ自体もひどい。
憲法記念日ですよ!

改めて言うまでもないが、首相は「憲法順守義務」を負っている。
いかに、憲法は嫌いでも憲法は尊重しなければならない。

その首相が、こともあろうに、憲法記念日に「憲法を守る」というのではなくて、「憲法改正」を発言するのである。

これほどまでに主権者国民を舐めた話はないだろう。
いや実際に、国民を舐めきっているのである。

マスコミは、まずは、この点を批判すべきであろう。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25745277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-05-04 09:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)