私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

羽生善治の一歩千金!

朝日新聞に4月から毎週月曜日に羽生三冠のコラムが連載されるという。
羽生にとっては初めての事らしく、将棋ファンとして大変楽しみである。

私は羽生三冠の著書は何冊も持っているが、その世界のトップの思考方法はどのような意味でも興味深い。

羽生はかつては相手の得意戦型を受けてたつことが多かった。
無論それは王者の闘いともいえるが、むしろ彼は目の前の勝利よりも、まるで真理を追究するかのような趣があった。
それは相手の得意戦型ゆえにより奥へ突き進むことが出来る。

今や棋界ではベテランとなった羽生は、若い時とは違って、意識してアクセルを踏む、小さなリスクを重ねると述べている。

そういえば最近の羽生の戦型は全く自由自在である。
もちろん棋界の絶対王者羽生はもともとオールラウンドプレイヤーではある。
しかし最近の羽生は、むしろ相手ともども未知の領域に意図して踏み込んでいるように、私には思える。

4月からは、名人戦や、電王戦も始まる。
羽生はこれらにも触れるのであろうか。

羽生の将棋ともども、連載エッセイは今から多いに楽しみである。

【3日追記】
本日から連載エッセイがはじまった。
本日のテーマは初回にふさわしく「初心」
確かに、いろいろなことを考えさせられる。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25654586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-03-29 18:51 | 将棋 | Trackback | Comments(0)