私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

安倍首相の「印象操作」!

森友学園疑惑は日が経つにつれ深くなり、国会で質問を受ける安倍首相のいら立ちも増えているようである。

なかでも傑作なのが次の下りである。

「27日、福島伸享議員が、小学校のホームページから夫人のあいさつ文が削除されたことに関し「怪しげといわざるを得ない」と指摘。すると首相は、気色ばみ、「福島議員は怪しいと言ったが、ホームページから(夫人のあいさつ文を)消したのは、私でも妻でもない。そういうレッテル張りはやめましょうよ。印象操作を、一生懸命、一生懸命、一生懸命、一生懸命、されているが、それは何もないんですよ」と、民進党の対応を批判。本来の質問に答えるよう指摘されると、「それくらいは反論させていただきますよ」と、いらだった様子で答えた。」(安倍首相、また声荒らげる 昭恵夫人辞任で指摘に・日刊スポーツ 2/27(月) より)

あれ!
印象操作?!

これこそ安倍首相の得意戦法でないのか。
「戦争法」を「安保法」
「カジノ法」を「IR法」
言葉を変えて印象操作をしてきたのはどこの誰なのか?!

ときあたかも、政府は28日、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の原案をまとめた。
「懲役・禁錮4年以上」に相当する犯罪のうち、277の犯罪を処罰の対象としている。
重要なのは、この原案には何よりも「テロ」という表記がどこにもないことだ。
オリンピック、テロ対策など、テロ防止の印象操作をしてきたのはどこの誰だったか?!

また「共謀」は「計画」との表現に置き換えられている。
すでにある概念としての「共謀」という言葉を使わずに「計画」という言葉に変えたのはどういう意味があるのか。
しかも「計画」に参加しただけの者も処罰されうる基本構造は何一つ変わっていない。
にもかかわらず「準備行為」を処罰するという印象操作をしてきたのはどこの誰だったか?!

中身と違うレッテル貼りはもうやめましょう、印象操作はやめましょう。
こちらが言いたいくらいである。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25480280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-03-01 22:38 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)