私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

豊中国有地疑惑の「茶番」

安倍関連法人への、豊中国有地激安払い下げについては、何度もブログに書いた。

木村市議の情報公開には応じず、その為、行政訴訟を起こさざるを得なかったのだが、提訴したとたん状況が大きく動いた。

結論から言えば、財務省は、民進党の国対ヒアリングで、売買契約書を黒塗りなしで完全公開した(印影を除く)。
時価の10分の1という激安だったわけだ。
ひどい話である。

しかも、非開示の理由は何ら無かったということになる。
情報公開非開示は全くの「茶番」であったわけだ。

では裁判はどうなるのか。

現に、マスコミの私への質問にも裁判はどうなりますか、と聞かれる。

しかし、私は今のところ、重々しく、次のように答えている。

「原告の木村さんや代理人たる私のところに、完全に黒塗りのない
契約書が届けられていないので、コメントできない」

わかりますよね。

これは(今回もそうですが)被告がよく使う
「訴状が届いていないのでコメントできない」
という例のパターンのパロディです。

パロディなんだけどなあ~。

記者さんは真面目でにこりともしてくれない。
大阪人としては、「笑い」をとれない方が辛い…!?


.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25363828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-02-14 22:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)