私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

鉄道営業法違反!

ニュースによれば、タレントの松本伊代と早見優が、テレビ番組のロケのために訪れていた京都市内で、JR山陰線の線路内に無許可で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたという。
松本が自身のブログに早見とのツーショット写真をアップしていたことから発覚したらしい。

ブログにあげたくらいだから、松本らは犯罪の意識は全くなかったのだろう。

鉄道営業法違反!

一般にはあまり馴染みのない法律であるが、労働組合活動家や民主団体運動家そして刑事事件を担う弁護士ならお馴染みの法律である。

鉄道の駅周辺は、乗降客などで人が集まりやすい。
そのため、人々にアピールするには駅周辺は絶好の場所である。
しかし、ビラ配りや演説を行うときに、鉄道会社の敷地内に入ると、これでやられる。
通行のじゃまにもならず、平穏に行われていたら、誰の迷惑にもならないと思うのに「犯罪」とされるのである。

憲法で保障された「表現の自由」が、「表現」を直接規制していないといいながら、事実上、そこで「表現」できない。
それどころか、「犯罪者」である。

そのような事態をふまえて、国連は、日本政府に対して、日本では「表現の自由」が制限されていると勧告している。

鉄道営業法は、その規制の代表的な法律の一つである。

松本伊代ら著名人が送検されたことを機に、単に芸能ネタで終わらせるのではなく、鉄道営業法の持つ政治的意味を、改めて議論してほしいものである。




.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25350339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-02-12 14:41 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)