私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

人類を終わらせに来た一手!

約1週間前の大晦日、将棋ファンの私としては、ニコ生の将棋生放送を見ていた。

「電王戦合議制マッチ2016」である。
今や棋士を追い抜いたのではないかと言われる、コンピューターソフトとの対決である。
もっとも1対1ではない。
人はミスをするから負けるので、合議制にすればミスはない(少なくなる)から勝てる、という森下説によった対決で大変興味深い。
棋士チームとコンピュータソフトチームによる3対3の対局であり、棋士チームは、森下卓九段、稲葉陽八段、斎藤慎太郎六段 と実に実力者揃いである。

…と期待して大晦日に見ていたのだが…。

ソフトの、意表を突く「歩頭の香打ち」で驚いた!
何せ、棋士軍の歩の頭に、ただで取られる香車をソフトが打ったのである。
ここから先はソフトが強く、いつの間にかうたた寝し、はて「年越しカウントダウン」はいつだったか…。

本日、タイムシフト(録画)で歩頭の香打ちの場面を再び見る。
ソフトの強さに驚嘆する。

棋士軍の驚きの声が凄い!
この声を聞くだけで、ソフトの強さを実感するだろう。
…「え、香車打つか!」
「マジか!」
「香車はさすがに打てませんよ、人間には」
「これは人類を終わらせに来たような一手ですね!」
…!



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25135840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-01-07 23:12 | 将棋 | Trackback | Comments(0)