私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「希望の同盟」!

安倍晋三首相が12月27日(日本時間28日)、米ハワイの真珠湾訪問後に「和解の力」と題して演説を行ったという。

その一部が次の通りである。
「戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。私たちは、そう誓いました。そして戦後、自由で民主的な国を造り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら、不戦の誓いを貫いてまいりました。戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。」

…うん!?
「自由」「民主的」「法の支配」「不戦の誓い」…。
これらこそがわが憲法の理念であることは言うまででもないが、自民党改憲草案はもとより安倍首相のやっていることは全く違っているのだが…。

「寛容の心、和解の力を、世界は今、今こそ、必要としています。憎悪を消し去り、共通の価値の下、友情と、信頼を育てた日米は、今、今こそ、寛容の大切さと、和解の力を、世界に向かって訴え続けていく、任務を帯びています。日本と米国の同盟は、だからこそ、「希望の同盟」なのです。」

強者が、弱者に強要するとき、しばし、「寛容」のワードで押し付ける。

そして、「希望の同盟」!

昨年4月、安倍首相が、米連邦議会でこの言葉を使った後、日本で何が起こったか!?
「希望の同盟」は、対米従属の証でしかない!


.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25101899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-12-28 23:42 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)