私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

朝日の小池都政批判に賛同する!

出勤前のワイドショーを見ても、小池都知事のヨイショ番組で辟易するところ、今朝の朝日新聞社説による小池都政批判は見事である。

小池知事がとかく「情報公開」をアピールしていたにもかかわらず、実際は都合の良いことだけを説明しているにすぎないということを、東京五輪ボート会場見直し問題を例に引いて鋭く指摘している。
更には、豊洲問題を例にして公文書管理のずさんさを指摘している。
全く同感である。
ジャーナリズムの役割はこうでなければならないであろう。

そもそも公文書をチェック出来ないのであれば行政をチェック出来ない。
行政は市民の為にあるのだから行政チェックは民主主義の基本である。
だからこそ公文書はきちんと管理して情報公開しなければならないのである。
にもかかわらず都政は全く都民の目から隠れたブラックボックスであることが分かった。

それにしても思うのは、後者の公文書をチェック出来ない点は国レベルではもっと深刻であるということだ。

言うまでもなく憲法違反の特定秘密保護法である。
「秘密かどうかもまた秘密」と言われる天下の悪法。
一体、どれくらいブラックボックスが増えていっているのだろうか…。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25045363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-12-13 21:23 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)