私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

安倍靖国参拝違憲訴訟、審理終結!~安倍首相の反論は?

安倍首相が靖国参拝したことに対してその差し止めや損害賠償を求めた安倍靖国参拝違憲訴訟の控訴審が、12月8日、大阪高裁での審理を終えた。

この日、私たち控訴人側は、控訴人代表2人の意見陳述のほか、私たちの準備書面を弁護団が順次要旨陳述した。
その内容は「政教分離と平和的生存権は一体のものとして結びついていること」「最近の情勢が増強する靖国神社の国家護持・軍事体制」「控訴人らに対する平和的生存権侵害の内容」である。

一方被控訴人側も陳述。
これが実に興味深い。
まず国は、書面すら出さない。
裁判長に促されて口頭で「控訴人の主張に否認または争う」と述べた。
これだけである。

次いで、安倍首相代理人。
これが何というか、ひどい。
まず述べたのは、付随的違憲審査制や米ブランダイスルールなどそれらしいことを述べているが、要するに「憲法判断するな」ということである。
いうにもことかいて順番というものがある。
ここから始めるか!という感じである。
安倍首相は自信をもって、靖国参拝しているのではなかったか!?
これではまるで「憲法判断されたら、違憲となりかねないので、憲法判断はやめてください」と逃げているようである。
姑息なこと極まりない。

最後は靖国神社。
最初は、かつての小泉靖国訴訟最高裁判決を引いたオーソドックスなもの。
笑えたのは最後の下りである。
<靖国神社は、どんな信仰の人でも受け入れているし、首相の参拝に反対している原告のような人たちも受け入れている。
そんな靖国神社を被告とすべきでない!>
おおっと!問題点が違うでしょ!

注目の判決は、2017年2月28日午後2時。
大法廷(202号)である。
奮ってご参加ください。
また笑えるかもしれませんよ。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/25028689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-12-08 22:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)