私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今こそ、電通への本質的な批判を!!

電通で再び起こった悲惨な「過労自殺」事件。
東大卒の新人女性の「過労自殺」が労災と認定されたというニュースからもうすぐ一ヶ月になろうとしている。

この事件後、各地の労働局や労働基準監督署が、電通本社だけでなく全国の電通支社や子会社に抜き打ちの立ち入り調査を実施している。

おまけに、このような違法企業でありながら、何と、厚労省はこの電通を、「労働時間短縮」に取り組み「法令違反がない」企業だと認定していたことが25日までに判明した。
違法な働かせ方をしていた企業を「問題なし」と認定していたのであるから、厚労省としてはメンツ丸つぶれである。

まあ、国のやることはこんなもんでしょうね、と笑うしかないが…。

しかし、問題はメディアである。
こういった出来事を淡々と報道するだけではいかんでしょ。
しかも、あんたたち、メディアを牛耳ってきたと言われているのですから。

電通がブラック企業以上のブラック企業、いやそれどころか、メディアを牛耳り、日本の政策を動かしてきたことは今や周知の事実だろう。

「電通の正体―マスコミ最大のタブー」(『週刊金曜日』取材班)や、本間龍「電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配」などこの種の本は幾らでもある。

今こそ、この日本を動かす、本質的な、しかも構造的な問題点を批判すべきだろう。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24754350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-10-26 23:01 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)