私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

偶然の勝ち、負けとは!?

棋士のブログやツイッターは時折見る。
自分の意見をはっきり言う(言わないときは、「言わない」とはっきり言う)渡辺明竜王のブログはなかなか興味深い。

10月5日の渡辺竜王のブログを見ると極めて面白い記載があった。

「最近「優駿」で読んだ福永祐一騎手のインタビューで「勝ったレースは全てイメージ通りで偶然の勝ちはない」3年前に対談させて頂いた時も参考になることをいっぱい教えてもらいましたが、これも祐一さんらしい発言でいいですね。」
と福永氏のコメントを引用しているのであるが、これでハタと思ったのが、かの野村語録である。

プロ野球の野村(元)監督の名言として、
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」がある。
要するに「負けるときは、負けにつながる必然的な要因がある(不思議な点はない)」
しかし、「勝つときには、(どうして勝ったのかどうも思い当たらないという)不思議な勝ちがある」ということである。

勝負の深い綾を示す言葉として、多くの人の印象に残っている有名な野村監督の言葉であるが、要するに「偶然の負けはない」ということを述べているのである。

これは「偶然の勝ちはない」という福永語録とは全く逆である。

野球と競馬の違いもあろう。
「勝負」の性質が違えば、勝負の綾も違うのは当然である。

だからこそ、将棋はどうなのかと、是非、渡辺竜王の意見を聞いてみたい。

【10月18日追記】
と、こう書いたとたん、本日の渡辺竜王のブログにアクセスすると「ブログはしばらく対局のことだけにします。」と出ていた。
立場、責任、影響力などを考えてのことでしょうが…。
う~ん。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24727196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-10-18 00:18 | 将棋 | Trackback | Comments(0)