私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

村木厚子さんと考える・パート2~「裁判官が悪すぎる!」

9月17日午後1時半より大阪弁護士会館2階ホールにて約600名の参加をえて「法制化記念市民シンポジウム・取調べ可視化がはじまる~村木厚子さんと考えるこれからの刑事司法」という市民集会が開催された。

昨日のブログに引き続き、今回は江川紹子さんの印象に残った言葉を取り上げる。

何と言っても強烈なのは「裁判官が悪すぎる!」
これまでの裁判は、被告人が、捜査段階での「自白」が捜査官の違法な取調による「虚偽自白」だと訴えても、裁判官は殆ど認めなかった。
要するに、取調官の違法取調を裁判官が見抜いてこなかった、のである。
だから取調官が無理して調書を作る。
そして冤罪が生じてきた。
だから裁判官が悪い、いや「悪すぎる!」というわけである。

「可視化」が冤罪を防ぐ有効な手段であることは言うまでもない。

更に、興味深いのは江川氏が委員として参加した「あり方検討会議」の感想。
事務方がその会議録をまとめるのであるが、そのまとめ役は法務省(すなわち検察官)。
私(江川)は確かに会議でこのような発言はした。しかし、ちょっと違う、とうようなまとめ方だという。
そのとき、江川氏は、ああ、このように調書は作られるのか、と思ったという。

さて出来上がった今回の新法。
弁護士の中でも、反対論は根強い。
対象がわずか2%くらいでこんなものは意味は無い。
むしろ、セットで通った捜査手法の拡大を考えるとむしろ害悪だというものである。

江川氏は答える。
「100点満点はない。」
30年前に成立した均等法をみてほしい。
法案には罰則もなく、私はけちょんけちょんに言っていた。
しかし実際の効果はどうか。
今日、女性の働く場所は増え、30年前なら平然とあった「男子のみ募集」は今日ではない。
男女差別はいけない!法律が、方向性を示すことが大きい。

可視化も同じである。
可視化されていないような取調は信用できない、そういう考え方を当たり前にしていく。
これは、文化を創ることである。
一日にして、革命は出来ない。
一歩一歩変えていくしか無い。

私は、江川さんの言葉に全面的に賛同する。

完璧な法案でないことは誰もが分かっている。
そんなときに、足を引っ張るような攻撃をすべきでない。
大切なのはこれをどう広げていくかであろう。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24665503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-09-18 14:07 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)