私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

警察の教育干渉!

週刊金曜日最新号(2016年8月26日号)を読んで、警察のあまりにも露骨な干渉を知って驚く。

先の参議院選挙。
全体の投票率自身が約54%とこれ自体極めて低いが、20歳未満の全国投票率は更に低く何と45・45%である。
ところが、横浜市青葉区は18歳投票率が73・49%にのぼったという。

これは大変、素晴らしいことである。

にもかかわらず、横浜市青葉署が青葉区の高校に電話して、何故投票率が高かったか問い合わせたという。

まるで、投票率が高いのは問題とばかりの、あきらさまな教育干渉である。
無論、警察にこんな権限はないし、こんなことは許されてはならない。
このことは強く抗議されるべきである。

しかしながら市民の側こそこの青葉区の18歳投票率の高さは学ぶべきであろう。
民主主義社会において投票率はどんなに高くても問題はなく、むしろ投票率を高める運動は、民主主義の理念に沿うのである。
ならば積極的に市民の側こそ、青葉区の手法に積極的に学び、それを全国に広めていくことが重要だろう。

【9月13日追記】
本日の朝日新聞にこの事件が報じられていた。
大手マスコミがもっともっと問題にすべきだろう。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24623153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-08-28 22:25 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)