私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

藤井聡太三段、単独トップ!

将棋プロ入り(四段昇段)を目指して競う三段リーグ戦が闘われている。
8月17日の対局を終えて、13歳の超天才藤井聡太三段はさらに勝星を伸ばし、12勝4敗と単独トップである。
5敗が3人いるが、9月3日の最終局二局で、プロになりそうな勢いである。

これまで中学生プロ棋士は4人しかいない。
加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人である。
この顔ぶれを見ただけでいかに凄いことかわかる。
もしも藤井三段がプロになれば、この4人をも抜く史上最年少であることも相まって、大いに沸くだろう。

しかも、今後の将棋界は佐藤天彦名人を中心に、20代後半が引っ張っていくと考えると、その世代よりも藤井三段は約15歳年下であり、世代的にも天彦世代を脅かす年齢である。

超トップスターたるものは決して躓かないものである。
いや不思議なことに、むしろ「注目されるところで勝つ」といってもよい。

将棋界の新たなスターが誕生するか、9月3日が、大いに楽しみである。


.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24602861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-08-18 20:15 | 将棋 | Trackback | Comments(0)