私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

あまりにも露骨な人事!

本日の朝日新聞夕刊によれば、一面は「防衛相に稲田氏」である。

稲田氏といえば安倍首相と変わらない超右派である。
激しく勇ましい軍国主義的発言を繰り返し、靖国神社にも繰り返し参拝している。
その軍国主義的発言には、近代立憲主義の無理解ではないかという発言もあった。
数多ある靖国訴訟そのものを封ずるかのような発言もある。
(これはすでに5月12日付けブログで書いたとおり)

稲田氏の思想性については、あれこれ色々なところで書かれるだろうから触れることはしない。

問題は、自らの「思想」が色々とあったとしても、国会議員である間は憲法遵守義務のあることを忘れていることだ。

稲田氏は憲法が厳しく規定する「政教分離原則」に違反して、靖国参拝を繰り返しているのである。
公式参拝が憲法違反であることは、通説であり、判例も違憲判例はあっても合憲判例はない。
まるであたかも、立憲主義に違反し、憲法9条に違反した戦争法を公然と成立させた安倍首相と「同じ」である。
いや、だからこそ安倍首相は、いわば自らと「同じ」稲田氏を起用したに違いない。

安倍首相が何を考えているのか、軍国主義者の起用は、あまりにも露骨すぎる。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24570159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-08-02 22:56 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)