私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

3度目は…。

1度目は悲劇として、2度目は喜劇として…。
すると3度目は何というのか!!

早くも安倍首相は、憲法改正は「国民投票」で決めて頂く、と述べている。
こういう人なんですよ…。

今回の選挙は投票率を上げられるかどうかの戦いであった。

その意味では、投票率を上げられず、完敗である。

そもそも「投票率を上げる戦い」というテーマ自体が広まらなかった。

私は、投票率の底上げを目指す「国民怒りの声」や三宅洋平を応援してきた。

実際、私が梅田界隈の街頭で応援演説した限りでは、決して感触は悪くなかった。
きちんと説明すれば、安倍改憲草案の気持ち悪さは伝わる。
私はそのように確信している。
とはいえ殆どの方が、自民党改正草案を知らない。
問題はマスコミであろう。

即ち、所詮、演説は「点」の戦いであり、演説はマスコミ報道と連動して効果を増す。
マスコミが無視した中、演説だけでは力は弱い。
そして、マスコミはが安倍首相に乗っ取られている。

例えば、ネットの世界では、三宅洋平はダントツの一位であった。

問題はそれが、票に結びついていないことである。

課題は明確である。
しかも、世界的に見てもSNSが大きく政治を動かすことは明らかである。
今、少し…。
希望は失うまい…。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24519088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-07-10 23:32 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)