私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「スピリッツ」のスピリッツ!そして女性週刊誌!

小学館のビッグコミック「スピリッツ」というコミック誌がある。

その最新号(7月18日号)が
漫画誌初の永久保存版・特別記録として日本国憲法全文を掲載している。

その特別記録は、連載陣13名の漫画家が「今の日本」として描いたイラスト付きである。
今の日本、これは、今の憲法下にある「日本」である。
憲法が変わるかも知れないということは、このイラストの今の風景が変わるかも知れないということだ。
巧みな護憲である。

一方、女性週刊誌も負けていない。

「女性自身」最新号は
「選挙へ行こう!最大争点は「改憲」!日本は崖っぷちだ」
との見出しで、もしも自民党憲法改正草案が成立すれば、SNSの「保育園落ちた、日本死ね!!!」も国会前デモも罰せられる国に成りかねない、ことを、自民党憲法改正草案を具体的に示して解説している。
実に、わかりやすい。

ちなみにライバル紙「週刊女性」先週号には「どうして与党は憲法改正の話をしないのか」である。

冷静に、現行憲法、そして自民党の改憲草案を読み比べれば、国民の多くは改憲を望んではいないだろう。

あとは、どうか投票率が上がることを願うのみである。

【追記】
送信して、朝日の夕刊を見たら、記事がかぶっていた。
編集者に取材できるのがマスコミの強みである。
でも自民党憲法改正草案が実現すれば「取材の自由」も制限されますね。
頑張ってほしい。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24512526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-07-07 22:41 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)