私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

王位戦第1局、羽生敗れる!

羽生善治王位に木村一基八段が挑戦する第57期王位戦七番勝負の第1局が昨日今日と行われた。
一仕事終えて、事務所で棋譜をアクセスしたら、なんと午後6時44分に羽生王位が投了している.

仕事も、選挙もしばし忘れ、王位戦終盤の醍醐味を味わおうとしていたところいきなりの投了である。

将棋連盟アプリの解説も以下の通り驚く。
「この局面で羽生が投了した。いきなりの投了に「えっ」とどよめきが起こった。関係者が急いで対局室に向かう。(以下略)」

羽生に、一体何が起こっているのか…。

絶対王者羽生も倒れる時が来る。
しかしそれは、倒されるにふさわしい相手に倒されるべきものだろう。
実力者佐藤天彦新名人や羽生キラー永瀬が羽生を倒すのは納得しうる。

しかし…。
木村八段は、その解説が非常にうまく、かつ面白く、好感の持てる棋士であるが、しかし…。
第1局とはいえ、後手番を制し、しかもこの勢いでは俄然木村優位である。
木村がタイトルを取る可能性が大きくなってきた。

返す返すも、王位戦の挑戦者には、豊島さんになってほしかった。
ならば羽生対若手実力者包囲網としてわかりやすい構図だったのだが…。

負け続ける羽生に対し
木村草太教授の言葉ではないが「心の整理がつかない」。


.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24509668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-07-06 19:45 | 将棋 | Trackback | Comments(0)