私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

18歳からの民主主義!

2016年参議院選挙から18歳選挙権が始まった。

26日の日曜に紀伊国屋書店に入ると特設コーナーに「18歳選挙」の大きな文字とともに、18歳選挙権に関する書物が10数冊並べられていた。
一覧すると「18歳」の文字だらけ!である。

どの出版社も同じような企画を考える、まあ、人は同じようなことを考える、という見本のような書物の山である。
とはいえ、大学で講座を持っている身としては、若者向けにどのように書かれているか、大いに関心がある。
そこで、立ち読みしたが、いやいやなかなか読ませる。

どうも、18歳を子ども扱いし、愚にもつかない、若者を軽視した内容でないかと思い込んでいたがそうではなった。

無論、やたら字が大きくイラスト入りであったり、図がやたら多いものや、一通りの説明が書いているが何ら中身がないものなど、はっきり言ってつまらないものも幾つかある。
まあ、これらの愚作は名うての文芸評論家斉藤美奈子氏がそのうち気持ちよくぶった切ってくれるだろうからその筋の専門家に任せる。

さてそれにしても、どうせひどいのだろうと、ハナから思い込んだのは何故か。

よく考えると、自民党広報誌である。
話題になった自民党制作<18歳選挙パンフレット「国に届け」>は、「バカ」な女の子がイケメンでちょっと高飛車な男の子と仲良くなるために投票所に向かうという、どうしようもなくひどいマンガを載せた。
女子高生差別でないかと批判を浴びたパンフレットでもある。
(ネットで見てください)

自民党は他にも「憲法改正マンガ」や、「自民党公式ゲームアプリ・あべぴょん」などもある。
一体全体この党の知性はどうなっているのかと言いたい。
この党は、若者はマンガやゲームばっかりしていると、おそらく思い込んでいるのでしょうね。
そのように思い込んでいると、若者から、大きなしっぺ返しが、…、う~ん、…果たして…。

(…尚、紀伊国屋書店では、立ち読みだけで帰らず、まじめな本を購入しましたので念のため。)

【6月30日追記】
ネットのニュースを見ていると、28日に産経新聞が以下のような記事を載せたようである。
「「女の子をバカにしている」自民党の若者向けパンフに批判が殺到しているが、自民党幹部は批判に反省しているわけでなく「話題になることはいいこと」と強がっているという。」
いやはや、凄いですね。





.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24491510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-06-28 23:15 | 本・書物 | Trackback | Comments(0)