私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

アベノミクスの成果を煽る人たち

アベノミクスが成功したと思っている人などほとんどいないだろう。

ところが安倍首相は恥ずかしげもなくアベノミクス第二ステージなどと声高に叫んでいる。
現にこの6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」はまったく驚かされる。

アベノミクスの基本は「成長と分配の好循環メカニズムの提示」というものであり、要するに企業が儲ければ、労働者の賃金が上がり、その分消費に回って経済が潤う。つまり好循環するというものである。
安倍政権は世界でもっとも働きやすい国を目指してきたから、大企業本位であることは改めて言うまでもないだろう。
そもそもこの発想自体いかがと思うが、閣議決定には諸手を挙げて次のように言う。

この閣議決定、実は冒頭からびっくりなのである。

「経済社会の現状 (アベノミクスの成果)」としていきなり次のように始まる。
「3年間のアベノミクス(大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚 起する成長戦略)は、大きな成果を生み出した。 国民総所得は 40 兆円近く増加し、国の税収は 15 兆円増えた。 日本企業の収益は、史上最高の水準に達している。その企業収益は、着実に雇用や賃金に回っている。」

ここまで断定的に言い切られるともはや、ハハハと笑うしかない。
アベノミクスの何らの反省・検証もない。

確かに、企業はトヨタをはじめ、空前の大収益である。
企業の内部留保は、右肩上がりで留まるところを知らない。
では、これが労働者に回っていますか。

無論、回っている労働者もいるだろう。
しかし多くの労働者には回っていない。
4割の非正規労働者にとっては尚更だろう。

要するに、アベノミクスは、1%の大企業、富めるものには多大なる恩恵を蒙らせた。

では99%の市民・労働者にとってはどうであったか。
改めて言うまででもあるまい。

アベノミクスが成功しつつある、今はその発展途上にある。

こんなまやかしに決して騙されてはいけない。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24469883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-06-19 21:42 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)