私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

渡辺明の貫禄!

将棋界でブームのフットサルをニコニコ生放送で生中継するというとんでもない企画が行われた。
棋士は、将棋を見せることがプロたる所以であるが、何と、趣味の(或いは体力作りのためか)フットサルをネット上公開してこれを見せるというのである!
しかも、関東チームと関西チームに分かれ“フットサル”のみならず“3分切れ負け将棋”で真剣勝負を行うという。

趣味で何をやろうと自由だが、そのことと、それを他人に見せることは別問題である。

まあ、このフットサルの好みはともかく、タイムシフト(録画)でその様子をさらりと見たが、渡辺明竜王が、佐藤天彦新名人よりもボス格であり(無論、年上のみならず、若いときから渡辺が常に先行しているからであるが)、しかもフットサルに集う一団を率いる姿がかいま見れた。

この渡辺明軍団(竜王、名人、そして生きのいい八段などを率いていいる)をみれば、それなりに頼もしく思える。
やがてこの渡辺明軍団が棋界の中心になるのだろう。

しかし、棋士はそもそも、群れず一人で闘うものであろう。

渡辺明はその合理主義も含め共感を覚える棋士ではあるが、渡辺軍団の今回の企画には私は何故か共感を覚えることができず、違和感を覚えるのである。

棋士にとっては、回りの棋士は全て「敵」のはずである。
無論、棋士同士仲良く研究したり、或いは群れていることはあるだろう。
しかし私はそういう場面は見せるべきものでないと考える。

棋士は、どこまでも孤高に、そして強く闘ってほしい。




.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24451429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-06-12 00:05 | 将棋 | Trackback | Comments(0)