私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

安倍首相の公私混同!

通常国会が、本日、安倍首相の目論見通り、150日間の会期を終えて閉会した。
政府が新規に提出した法案が成立したのは50本にすぎず、あまりにも少なすぎる。
(戦後4番目の少なさだという)
その理由は、言うまでもなく、問題法案は全て避けてきたからである。
それもこれも参議院選挙を有利にすすめるという自分勝手な策略にすぎない。
問題法案が提出され、審議されれば、安倍政権のひどさが暴露されかねない、ひいては参議院選挙に影響されかねないと考えたからである。

野党提出の安保法廃止法案などは審議すらさせない。
昨年、安保法成立後、「今後も国民に丁寧に説明する」といったのは誰だったのか。
無論、その時点ですら、もともと説明する気などハナから無かったのである。
このように言っておけば日本人は忘れるとタカをくくっているのである。

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の承認や、残業代ゼロ法案など問題法案は意図的に避けている。
参議院で自公政権が勝利すれば、これらは秋の国会で一挙に強行するだろう。
そして、憲法「改正」へまっしぐら…。
安倍首相が個人的に「憲法改正」をしたいと考えるのは自由である。
しかしそれは、立憲主義を守り、きちんと正規の手続きをとってなすべきことである。
安倍首相がしていることは、国会と市民・国民を無視したあまりも自分勝手なことである。

個人的な思いを実現するために、公的なルールを破って勝手にしてはいけない。
自分の私的な思いを実現するために、公的なルールを無視するには、身勝手な「公私混同」である。

今、マスコミは舛添東京都知事の「公私混同」を批判している。
それはそれで正しい。

しかし、平和国家日本を戦争の国にしようとしている安倍首相の巨大な「公私混同」こそ、もっと批判されるべきであろう。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24426730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-06-02 00:16 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)