私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

PONANZA連勝!来期、羽生名人が参加!

第1期電王戦二番勝負の第2局、山崎隆之叡王対PONANZAは、PONANZAの勝利で終わった。
最強の将棋コンピュータソフトPONANZAの連勝である。

第1期叡王戦を勝ち抜き、叡王の称号を手に入れた山崎隆之叡王もPONANZAに歯が立たなかった。

PONANZAが飛車先交換出来るのをしなかったり、矢倉の77銀をとがめるようにPONANZAが73桂とはねたり、或いは先手55歩の只取りになるのにPONANZAから54歩と突き出すなど、意表の手が続き見ている分には大変面白い。
ニコ生の解説も素晴らしい。

そして山崎の敗局。
何か、意外な感じがしない。
もはや、PONANZAが強いことは明らかと思っているからだろう。

むしろ驚きは、対局終了後の記者会見第二部だろう。

何と来期、羽生名人が参加すると発表されたことだ。
あわせてトーナメントも発表されたが羽生は決勝トーナメントには突き進むだろう。
そしてファンの願いは羽生が(おそらく)PONANZAと闘うことである。

ドワンゴ川上会長の話では、羽生のコンピュータに対する造詣の深さが披瀝された。
羽生はおそらく何か期するところがあるのだろう。

来期叡王戦が俄然楽しみである。

【24日追記】
羽生名人の参戦によって、渡辺明竜王・棋王が参加しないことが逆に大きく注目された。
渡辺のブログには、2日にわたってこのテーマを取り上げているが、おそらく渡辺に多くの問い合わせがあったのだろう。
渡辺は、合理主義者として、竜王戦・棋王戦に最高のパフォーマンスを見せることを優先したに違いない。
それはそれでプロとして正しい。
しかし、羽生が四冠王ながら叡王戦に参戦した姿を見れば、その羽生を追い抜くべき第一人者渡辺の姿勢としては、何か、心に引っかかってしまうのである。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24401116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-05-22 22:18 | 将棋 | Trackback | Comments(0)