私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

クロースアップ・マジックを楽しむ

5月15日午後、IBM大阪リングが主催するTHE COLLECTORS~クロースアップ・マジックの集い~に参加する。
恒例のクロースアップ・マジックの集いであり、なかなか達者なマジシャン揃いで楽しい。

京大奇術研究会のOBとも何人か顔を合わせ、懐かしい。

興味深く、感心したマジックは幾つもあったのだが、福井哲也氏の「マセマティカル・スリー・カード・モンテ」と、それを解説したスベンガリを読んで更に興味を引いた。

実演を見ているとき、キーカードをどうしたんだろうと思いながら見ていたのであるが、(借りた客のカードでありながら、何らかの方法でマーキングし、またそれを消すのか、と難しく考えていたが)全く違った。

福井哲也氏の解説の通り、「何故不思議なのか」自体が不思議なマジックであるが、ある種の気付かない錯覚がどの部分かは人それぞれであろう。

【以下ややネタバレですみません。是非、スベンガリ21号を買って下さい】

私は、客が2回目、軽く混ぜることによって、3枚の位置を覚えるのは無理だろうと、ここから先の推理をせず、勝手に思考を中断したのであるが、それが間違いだった。

2枚目と3枚目はいわば等価値で、1枚目のキーカードだけ覚えれいればいいんですね。

福井氏の解説を読んで一番感心したところです。

とはいえ、一番見事なのは、マニア向けに「お馴染みのトリック」であることを繰り返し強調した福井氏であろう。
あれだけ強調されれば、見ているほうはどうしてもキーカードを考えてしまうが、実はそのこと自体が「ミスディレクション」となってしまったのである。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24383010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-05-15 21:05 | マジック | Trackback | Comments(0)