私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

靖国訴訟への圧力!?

政教分離訴訟の勉強会を開いたという記事を神社新報が載せた。
先のブログに書いたとおりである。
この神社新報の記事には、最後に、次のようなくだりがあるという。

稲田朋美自由民主党政務調査会長は、靖国訴訟において法廷を通じた政治活動が行われていると指摘した上で、政教分離規定やいわゆる「A級戦犯」を巡る、国の政策に大きな影響を与えるような訴訟に対する政府の取組みの必要性を訴えた。

うん!
この「政府の取組み」というのは一体何なのか。

単に、訴訟を進める上での訴訟手続き上の「取り組み」なら国側は十分に出来ている。
つまり、最大数の代理人を揃え、万全の体制で取り組んでいる。

では訴訟に「対する取組み」とは何なのか。

想像するに、まあ、こういう国の政策に大きな影響を与えるような訴訟は国として困るから、訴訟がしにくいように圧力をかけたいんでしょうね。
稲田議員の言いたいのは…。

(あくまで想像ですよ…)



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24373198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-05-12 00:07 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)