私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

「泥棒」の開き直り!

主権者が、権力者を縛る決まりが「憲法」である。
選挙で一時的に多数を得た権力者は、しばし暴走しがちであり、そのような暴走を許さないために主権者たる国民は「憲法」を作ったのである。

その憲法に縛られるべき権力者が、憲法を勝手に解釈するなどあり得ない。
泥棒が「刑法の窃盗罪は、1000円以上のモノを盗んだ場合にのみ処罰すると解釈し、1000円未満しか取っていない私の窃盗は無罪」と主張しても誰も相手しないであろう。

当たり前の話である。

このことは繰り返し、私のブログでも訴えてきた。
しかし、この許されない「蛮行」を、安倍首相は行ったのである。

今朝の新聞を読んでいると、安倍首相は「憲法9条について、憲法学者の7割が『違憲だ』と言っている状況のままでいいのかということに真剣に向き合わねばいけない」と述べ。憲法改正に意欲を示したという。

盗っ人猛々しい、とはこのことだろう。

歴代自民党政権が守ってきた憲法を平然と破って、自ら違憲状態を作りながら、「違憲だから、憲法を変える」というのである。

まるで、泥棒が、あとから、刑法の窃盗罪を改正しようと言うのと同じである。
これほどひどい話はないだろう。
こんな泥棒を許すのか。




.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24344057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-04-30 22:55 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)