私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

世界が認める安倍政権の圧力!

国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は4月20日、同団体がまとめた世界各国の報道の自由度ランキング2016年版を発表した。
日本のランキングは前年の61位からさらに後退し、72位となった。
ひどいものである。

端的に言えば、日本は、報道の自由度が低い、つまり安倍政権の圧力があると言うことだ。

しかもこの順位は、安倍政権発足後、年々順位を下げている。
これが世界の見る目である。
この現実を何とかしなければならない。

一方、国連人権理事会で「表現の自由」を担当するアメリカのデビッド・ケイ教授は19日、東京都内で会見を開き、日本の現状について意見を述べた。
ケイ教授は日本では「表現の自由」に関する強い基盤があると評価したものの、「ここ数年の傾向は心配だ」と述べ、更に「報道の独立性」が脅かされていると指摘している。
つまりケイ教授も安倍政権後の傾向に懸念を表明している。
具体的には、テレビに圧力をかけた高市大臣に懸念を示し、放送法4条は廃止すべきという。
そして、政府にとって都合の良い記者クラブ制度は廃止すべきとも提言している。

これが、我が国日本の「表現の自由」「報道の自由」の実態である。

さて明日、我が国のマスコミは
この「表現の自由」「報道の自由」に対する世界の目に対してどのように報ずるのであろうか!



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24318405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-04-20 23:07 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)