私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

京大出身棋士~山口絵美菜女流3級

綾辻行人さんと山口絵美菜さんが対談されたことはこのブログでも述べた。

それを報じた京都新聞(1月8日朝刊)を大変興味深く呼んだのだが、
一つ気になったのは山口女流が述べていた
「将棋でも1回だけ有効な、トリッキーな戦法があるんです」というくだりである。

一体どんな戦法なのか。
花村九段の「ひっかけ将棋」とか、まあ、トリッキーな戦法はそれなりに知っているつもりだが
この言葉は気になる。

そこで、綾辻行人さんに会った機会に、聞いてみたら、
具体的には聞かなかったという。

う~ん。
ますます、気になる。

面識は全くないのだが、いつか、山口女流とお会いして、直接聞きたいものである。

【追記】
9月10日、関西将棋まつりに参加し、直接お話を伺えた。具体的な一つの戦法という意味ではなく、トリッキーな戦法は一度しか使えない(一度は使える)と意味であるとして、一例を挙げてもらった。結局同じことを言っているのだが、綾辻氏の認識とは、比重の置き方(使えると考えるか、使えないと考えるか)が微妙に違っているのが、作家と勝負師の違いとも思え大変興味深い。


.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24167247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-02-25 00:06 | 将棋 | Trackback | Comments(0)